「愛の不時着」「梨泰院クラス」のヒットにより、日本でも盛り上がりを見せている韓国ドラマ界から、いま最も旬な韓国俳優4人をフィーチャー。彼らをスターダムへと押し上げた名作の数々を紹介する。

■ コン・ユ

最新主演映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月に日本で公開されるコン・ユ。

2001年に若手俳優の登竜門「学校」シリーズで俳優デビューした彼は、2007年、主演作「コーヒープリンス1号店」が最高視聴率27.8%の大ヒットを記録、この年のMBC演技大賞で優秀賞を受賞した。

「コーヒープリンス1号店」は、主要キャスト6人が13年ぶりに韓国のドキュメンタリー番組で集結したことでも、今また話題になっている。若き日のコン・ユの姿はもちろん、今では主役級の俳優に成長したキム・ジェウクやキム・ドンウクの初々しい演技も見どころだ。

家計を支える女の子ウンチャン(ユン・ウネ)はイケメン男性しか雇わないカフェ“コーヒープリンス1号店”で男性として働くことに。一方、カフェの経営を命じられたハンギョル(コン・ユ)は、ウンチャンに次第に引かれていき、自分はゲイかもしれないと思い悩む。

■ ヒョンビン

「愛の不時着」で硬派な軍人役を演じて人気爆発中の韓流スターの ヒョンビンは、2003年、「ボディガード」で演技デビュー。2005年に出演したドラマ「私の名前はキム・サムスン」が50.5%という驚異的な視聴率を獲得し、その年のMBC演技大賞では3冠王となり、一気にスターダムを駆け上がる。

韓流ラブコメの最高傑作ともいわれる「私の名前はキム・サムスン」。クリスマスイブに恋人に振られた上、仕事まで失ってしまった30歳のサムスン(キム・ソナ)。彼女はひょんなことからイケメンで年下の御曹司ジノン(ヒョンビン)と出会い、契約恋愛を始めることに。身分も年齢も性格も違う2人だが、互いに引かれ始める。

韓国ドラマの醍醐味といえば、忘れてはならないのがオリジナルサウンドトラックの存在。ドラマのヒットと共にサントラもヒットする傾向があるが、CLAZZIQUAI PROJECTが歌った本作のサントラ「She Is」は、今でもバラエティー番組などで使われるほど爆発的な人気に。フレッシュなヒョンビンの演技と共に、絶妙なタイミングで流れてくるサントラにも耳を傾けてみてはどうだろう。

■ パク・ソジュン

「梨泰院クラス」が世界的に大ヒットした新ラブコメの帝王、パク・ソジュン。

2012年に「ドリームハイ2」で本格的な俳優デビューを果たすと、2014年に初主演した「魔女の恋愛」で14歳年上のヒロインをいちずに思い続ける青年役を演じ、一躍注目を集めた。

パク・ソジュン演じるソンジュンが留学帰りということもあり、英語のセリフがたびたび出てきた「彼女はキレイだった」。幼少時代は美少女だったが、成長して残念な容姿になってしまったヘジン(ファン・ジョンウム)。ある日、初恋相手のソンジュン(パク・ソジュン)から連絡があり、15年ぶりに再会することに。だが、待ち合わせ場所に現れたのは完璧なイケメンに成長したソンジュンだった。気後れしたヘジンは、美人の親友に自分の代役を頼む。

「ユン食堂2」でも流ちょうなスペイン語を披露したソジュンだが、出演前にスペイン語を猛勉強してロケに臨んだという。「彼女はキレイだった」は、そんな努力家パク・ソジュンの、演技への情熱を感じられる一作である。

■ チャン・ヒョク

シリアスからコミカルまで、どんな役でもこなすカメレオン俳優、チャン・ヒョク。

1996年にドラマ「モデル」で芸能界デビューした彼は、映画「火山高」やドラマ「チュノ〜推奴〜」で豪快なアクションを披露し、一躍スターに。2010年のKBS演技大賞では最高賞である大賞を受賞した。

プライベートでも10年以上のボクシング経験があり、ボクシング選手の役を演じてみたかったと話していたチャン・ヒョクが、スタントマンを使わずに挑んだ格闘技シーン、またヒューマニズムあふれるストーリーが注目の「バッドパパ」。

八百長疑惑で資格を剝奪され、名誉も財産も失った元ボクサーのジチョル(チャン・ヒョク)。生活費を稼ぐため刑事として働いていたが、度重なるトラブルで停職処分を受けてしまう。最悪の状況の中、彼は新薬の臨床試験に参加することに。薬の力で怪力となった彼は、総合格闘技選手となり、再起を図る。

これら紹介した作品のほか、ひかりTVでは話題の韓流・華流作品を多数提供中。(ザテレビジョン)