9月9日に第5話が放送されるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。同作で横浜流星演じる“椿”からにじみ出る誠実さが、ファンの心をとらえている。公開中の5話予告動画では、七桜(浜辺美波に)「お前が好きだ」とまっすぐ伝える場面も…。七桜に心を許し、変わっていく椿を横浜が繊細に演じている。

■ 夕子と七桜がついた嘘を信じる椿…

安藤なつみによる同名漫画を原作に、浜辺美波と横浜流星のW主演で送る本作。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜と跡取息子・椿の思惑と恋愛模様が絡み合っていく。

15年前、当主殺害事件が発生した光月庵。事件によって椿は“被害者の息子”、七桜は“容疑者の娘”となり、2人は引き離された。今でも当時の少女“さくら”を憎む様子の椿に、七桜は本当のことを打ち明けられずにいた。

第5話では、そんな七桜と椿の距離がさらに近づいていく。

結婚式の準備が進められる中、椿から実家の住所を聞かれた七桜は、遠いので母は呼ばなくていいとうそを重ねる。

母親だと名乗って光月庵を訪れた女性・夕子(須藤理彩)は、多喜川(山崎育三郎)の差し金で現れた助け船。本当は、七桜とは縁もゆかりもない小料理屋のおかみだ。真実を知っている今日子は、夕子は近くで店をやっているのではと問い詰める。

苦し紛れに言い逃れをする七桜だが、椿は夕子にあいさつに行くと言い出し、2人は店を訪れる。夕子に結婚式に出てほしいと頭を下げる椿の誠実な姿を見て、七桜は全てを椿に打ち明け、うそのない関係になろうと覚悟を決める。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、そこで父との思い出を語り始める――。

■ 横浜流星“椿”「お前が好きだ」の誠実

公式サイトで見ることのできる第5話の予告動画には、椿が「七桜さんの晴れ姿、見てやってくれないでしょうか」と、まっすぐな目で夕子に訴えかけるシーン、蛍舞う縁側で七桜に「お前が好きだ」と伝えるシーンも。

予告動画を見た視聴者からも「七桜を信じてる椿さまの表情グッとくる」「潤んだ瞳に誠実さが詰まってる」といった声が上がるとおり、愛おしそうに七桜を見つめ、あふれる思いを口にする椿の瞳には、真心からの誠実さがにじむ。

初回ではその瞳に取り付く島のない冷たさを宿していた椿。同じ人物とは思えないほどのその変化は、七桜を思う気持ちゆえのもの。時間の経過とともに強まっていく椿の思い、育っていく七桜との絆を、横浜は表情の変化で実に繊細に表現している。

光月庵の大旦那・宗寿郎(佐野史郎)が“さくら”を探している理由が明かされるなど、七桜と高月家の因縁がさらに明らかになっていく5話。予告動画では、七桜が手紙を手に立ち尽くし、「私と椿は…きょうだい?」とつぶやくシーンも流れ、2人に大きな危機が訪れることがわかる。

七桜を愛し、心を開き始めた椿。2人の身に起こる、想像を絶する運命のいたずらに注目が集まる。(ザテレビジョン)