グラビアを中心に活躍中の高橋凛が出演するVR作品「高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。」 (制作:FANTASTICA)が、PICMO VRで見放題配信開始となった。今回、高橋にインタビューを行い、VR作品の魅力や、本作の見どころなどを語ってもらった。

――ではまず、VR撮影の感想からお願いします。

去年の夏頃に撮影したんですけど、汗だくだくで(笑)。DVDの撮影と違って、VRの撮影は、NGを出せなくて。基本的にずっと撮り続けているので(※長回し)、「どうしよう…」と思ったんですけど、スタッフさんからは「自分が好きなように、自分の彼氏が目の前にいると思って、自由に話し掛けていいよ」と言ってくださったので、自然体で楽しく撮影することができました。

■ とにかく楽しむ

――“NGを出せない”という環境はプレッシャーでしたか?

「NG…どうしよう…」ってなっちゃったんですけど、でも一番は楽しんでやれば伝わるかなと思って、本番はとにかく楽しむことに徹してやってました。

――セリフなどはいかがでしたか?

決められたセリフはなくて「こういう感じの流れでやってください」という説明だけだったので、それが逆にやりやすくてできました(笑)。

■ すごく新鮮

――高橋さんご自身も作品はご覧になりましたか?

本当にリアルで、目の前に自分がいるみたいな感じで。あとは見たいところを見られるので、私の顔が好きという方はずっと顔が見られると思いますし、スタイルが好きという方は、胸を集中して見たり(笑)。見たいところを自由に動かして見られるので、私自身もすごく新鮮でした。

――では作品についてもお伺いします。「高橋凛が家政婦だから調子に乗って水着姿で身体を洗ってもらっちゃう、そんな世界。」という、素晴らしいタイトルですが、こちらどのような作品になっておりますか?

主人公である視聴者の方が、エアコンを直そうと思って、失敗して骨折しちゃうんですよ(笑)。私が家政婦になって、その方の体を洗ってあげたり、ご飯を食べさせてあげたり、DVDを探してほしいと言われて…。

でもDVDがなくて、私が目の前でグラビアポーズをしてあげますというサービス精神旺盛な内容になってます(笑)。

■ お気に入りのシーン

――中でも一番のお気に入りのシーンなどありますか?

お手伝いさんということで、メイドさんの衣装を着ているので、それが刺さる方も多いのかなと勝手に思っているんですけど(笑)。

オススメは、お風呂で体を洗ってあげるシーンなんですけど、この時に唯一自前のチューブトップの水着を着ていて、それも見ていただきたいです。

体を洗っているシーンは、「裸なんじゃないか」と見えるスペシャルショットもあるので、それは血眼になって探していただきたいと思います(笑)。

あと、水が掛かってお肌がツヤツヤになっているので、そこも見どころかなと思います(笑)。水しぶき感や音がすごくリアルで、本当にお風呂に一緒に入っている感覚になるので、あわよくば、お風呂に持ち込んで見ていただきたいんですけど、機器が故障しちゃうので(笑)、お部屋でそんな気分で見ていただけたらと思います。

――こちらの作品では家政婦さんを演じたわけですが、高橋さんとしては、尽くすのと尽くされるのとでは、どちらの方が好きとかありますか?

年も取ってきて(笑)、どちらかというと、尽くされたい側にはなってきたかな(笑)。だからこそやってほしいことを想像して演じられた部分もあるので、面白いなと思います。尽くすこともたまには…気まぐれなので(笑)。レアな私が見られると思います。(ザテレビジョン)