女優の尾碕真花が、9月19日に自身のオフィシャルInstagramを更新。2019年12月にリリースしたファースト写真集「いちか」撮影時のオフショットを公開し、夏らしい水着姿にファンの注目が集まっている。

尾碕は2000年12月2日生まれ、高知県出身の19歳。「第13回全⽇本国⺠的美少⼥コンテスト」(2012年)で審査員特別賞に輝き、美少女ユニット・X21の一員として活動。

グループ解散後は女優として活躍し、さまざまなドラマ出演の他、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019-2020年、テレビ朝日系)のヒロインに抜てきされるなど、活躍の場を広げてきた。

写真集「いちか」では、尾碕が家族との思い出の地だという台湾で、⾷べて、笑って、はしゃいで、楽しんだ模様が収められている他、初水着カット、ランジェリーカットにも挑戦。目を奪われる奇跡のスタイルが収録されている。

そんな尾碕は、19日にInstagramにて「夏ももう終わりということで夏らしい写真を滑り込み 写真集のオフショなんですけど カメラの画質良すぎる」というコメントとともに、キラキラ輝く笑顔に水着姿でプールに入るオフショットを公開。

写真集本番のような美しいオフショットに、「可愛すぎる、、、」「画質めちゃくちゃいいですね」「笑顔が眩しすぎる」「So pretty..」「笑顔が好き〜水着もかわいい」「ここ最近で1番しびれてる」といったコメントが付いている。(ザテレビジョン)