グラビアを中心に活躍中のタレント鈴原りこが、8月20日に6枚目となるDVD「濃厚りこぴん」(ラインコミュニケーションズ)を発売。東京・ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館でリリースイベントを開催し、囲み取材に応じた。

今回の作品について鈴原は「ドキュメンタリーのような設定で、内容としてはカメラマンさんと恋に落ちるみたいな(笑)、実際にはないことですけど実際にあるような(笑)」と、全体的な展開を紹介した。

「今回は、衣装のようで衣装じゃないような…泡ブラだったり、ジャケット写真も…一応スクール水着なんですけど、変型の(笑)。ちょっと幅が狭くて、今まで着たことがないような、見たことがないような衣装で、私も着てて楽しかったです(笑)」と、斬新な“衣装”の数々を説明した。

■ 見てのお楽しみ

「泡ブラとかも、ちょっと見えるような見えないような、ドキドキする…見てのお楽しみなんですけど(笑)。

おしりが見えてたりする衣装も多くて、おしりが半分…チョイ出てたりしますね。おしり推しですね(笑)」と、見どころを明かした。

“泡ブラ”は時間との闘いだったそうで「泡が落ちないように時間との勝負で、おしりの部分もつるんと落ちてきちゃうので、メークさんとか衣装さんが凝視しながら(笑)、撮ってました」と苦労を報告。

ほかにもキラキラ輝くニプレス衣装もあるとのことで「シーンを見てもらうと分かるんですけど、結構動いているシーンなので、何かの拍子で取れないか心配はあったんですけど、これもおしりが出てる衣装なので楽しんでほしいと思います」と、ファンに呼び掛けていた。(ザテレビジョン)