浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)の第6話が9月16日(水)に放送となる。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

第6話では、七桜がついに「私は『さくら』です」と今日子に宣言するが、その言葉を椿に聞かれてしまう。そんな中、屋敷で火災が発生する。

公式サイトで見ることのできる第6話の予告動画や先行カットでは、「どうして私から何もかも奪おうとするんですか!」と今日子(観月ありさ)と大旦那(佐野史郎)がもみ合いになる様子や、「旦那様を刺したのもあなたですか?本当のことを言ってください!」と今日子につかみかかる七桜の姿が公開されている。

■ 第6話あらすじ

年に一度開かれる大旦那(佐野史郎)の茶会「夕ざりの茶事」当日。七桜(浜辺美波)はこの茶会の後にだけ錠が解かれるという樹(鈴木伸之)の部屋に入る機会を狙っていた。

茶室で多喜川(山崎育三郎)や栞(岸井ゆきの)など大事な来賓をもてなす膳が振舞われた後、椿(横浜流星)が作り上げた美しい「夕顔」の菓子が出される。

一方、大旦那の遺言書を始末しようと茶会の合間に部屋を漁っていた今日子(観月ありさ)は、初座を終えた大旦那と鉢合わせる。

椿の本当の父は今日子が不貞を働いた相手なのかと詰め寄る大旦那。しかし、今日子は意外な胸中を打ち明け、大旦那につかみかかり、2人はもみ合いになる。

後座の準備をしているはずの大旦那が茶室にいないことを不審に思った七桜は、樹の部屋へ。しかし、錠前の外された室内にいたのは、樹の着物を愛おしそうに抱きしめる今日子だった。

15年前に事件のあった現場で当時の記憶がフラッシュバックする七桜。七桜は、真実を話してほしいと今日子に事件のことを問い詰める。

その瞳が百合子(中村ゆり)と重なって見えた今日子は、憎悪を爆発させ、七桜に襲い掛かる。食い下がる七桜は、ついに自分が「さくら」であることを宣言。しかし、その言葉を椿が聞いていた。

一方その頃、屋敷で火事が発生し、大騒動が起きていた。危険を知らせに来た山口(和田聰宏)に大旦那が行方不明だと聞いた椿は、自分が探すと部屋を出て行こうとする。

そんな椿に、七桜は「ここで椿を待ってるから」と告げる。(ザテレビジョン)