累計部数500万部を超える大人気コミックス「思い、思われ、ふり、ふられ」のアニメーション映画化作品(通称「アニメふりふら」)が9月18日(金)に公開となる。

史上まれにみるアニメーション&実写での連動W映画化プロジェクトの一環として制作される「アニメふりふら」公開を前に、一足早く作品を鑑賞した少女漫画家たちから熱い感想メッセージが到着!さらに、公開日である18日には「アニメふりふら公開記念特番」が放送されることも決定した。

■ “咲坂伊緒 青春三部作”最終章が登場

まったくタイプの違う4人の高校一年生の恋模様を描いた「思い、思われ、ふり、ふられ」。

同じマンションに住み、同じ高校に通う朱里(CV:潘めぐみ)とその義理の弟・理央(CV:島崎信長※「崎」は正しくは「立さき」)、由奈(CV:鈴木毬花)とその幼なじみ・和臣(CV:斉藤壮馬)の思いが複雑に絡み合い、相手を思うからこそのすれ違いが生まれていく――。

原作の咲坂伊緒氏は、「ストロボ・エッジ」「アオハライド」、そして今作からなる“咲坂伊緒 青春三部作”(いずれも集英社マーガレットコミックス刊)の作者。監督の黒柳トシマサ氏は、テレビアニメ「舟を編む」(2016年)で第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞を受賞したアニメーション作家だ。

満を持して公開される本作を今回、「先生!」「青空エール」の河原和音氏や「虹色デイズ」の水野美波氏、「オオカミ少女と黒王子」の八田鮎子氏などスター少女漫画家たちに一足先に鑑賞してもらった。

本作を鑑賞したスター漫画家たちからは、絶賛の声が続々。

「原作でもみんな成長したんだなと思ったけど声がつくとさらにリアルに感じるものなんですね」と感慨深げに話すのは『青空エール』の河原氏。『ヤスコとケンジ』のアルコ氏は「そうそうみんなこういう声でこういう話し方だよね〜!」と、活き活きとしたキャラクター造形にまるで旧友に再会したかのような喜びを表現する。

『サボテンの秘密』の春田なな氏は「原作でも大好きだった文化祭のシーンは、走る由奈ちゃんと理央くんの躍動感に胸を打たれ本気で応援してしまいました」、『虹色デイズ』の水野美波氏からは「最後までキュンキュンできる本当にかわいくて素敵な映画です」など、ファン目線での絶賛の声も上がる。

■ 公開日に“記念特番”放送も決定!

少女漫画を誰よりも愛する少女漫画家たちにこんなにも支持される「アニメふりふら」。公開日である9月18日(金)には、「アニメふりふら公開記念特番」も放送される。

主要キャストであり原作ファンでもある潘と鈴木の咲坂作品出演への喜びや、島﨑・斉藤から主題歌を務めるBUMP OF CHICKENへの溢れる愛など、見れば作品が2倍楽しくなるスペシャルなコーナーが続々。BUMP OF CHICKENに関するトークでは、斉藤が今回初めて話すという自身のデビュー秘話も飛び出す。

TOHOanimationの公式YouTubeチャンネルで18日(金)夜8時から配信するほか、番組終了後のアフタートークを含めた特別版をdTVチャンネル、ひかりTVでそれぞれ同時刻に配信する。

■ 綾瀬羽美氏コメント(代表作:「理想的ボーイフレンド」)

アニメならではの表現や演出によって、また新しいふりふらを体験することができました。ストーリーを知っている人でも「あのシーンはどんな風に生まれ変わってるんだろう?」と、きっと新鮮な気持ちで楽しめると思います。季節や天気の変化がとても美しく瑞々しく映し出されている映画で、そんな美しい世界に原作の繊細さを残したまま命を吹き込まれて存在している4人をこちらまで綺麗な気持ちで見守ってしまう素敵な時間でした。

■ アルコ氏コメント(代表作:「ヤスコとケンジ」「俺物語!!」)

由奈ちゃん朱里ちゃん理央くん和臣くん、そうそうみんなこういう声でこういう話し方だよね〜!ふいに挟まれる心象シーンなんて、原作のキラキラした透明感と疾走感と甘酸っぱさもりもりで届けてくれてセルフ4Dでしたわ。

■ 河原和音氏コメント(代表作:「先生!」「青空エール」)

声優さんすごくあってるー!私としてはイメージぴったりで最高。前半と後半で朱里ちゃんと由奈ちゃん、理央くんと和臣くんの演技の違いがすごくいい。原作でもみんな成長したんだなと思ったけど声がつくとさらにリアルに感じるものなんですね。理央くんと和臣くんのシーン可愛い♡朱里ちゃんが本音みせるとこと、由奈ちゃんが強くなるとこよすぎて泣ける〰。絵も可愛いなぁ〰私がふりふら読んでて感じた空気感が再現されてて嬉しかったです。主題歌もすっごくよかったです!

■ 木内ラムネ氏コメント(代表作:「月のお気に召すまま」)

セリフがないシーンでもみんなの想いが空気感だけで伝わってきます。心情を表した演出が本当に綺麗で、ドキドキや切なさがまるで自分のことのように感じられました。漫画とはまた違う感覚で、素敵な時間を楽しむことができます!

■ 中河友里氏コメント(代表作:「そのキス間違ってます」)

映画面白かったです。映画オリジナルのシーンやアニメでしか表現できない心象風景もあって素敵でした!4人がそれぞれ恋や家族、将来の事に悩みながら乗り越えていく姿がアニメで観れて本当によかったです。

■ 八田鮎子氏コメント(代表作:「オオカミ少女と黒王子」)

まず絵がカワイイしとてもキレイです。神作画!ほんとどこを切り取ってもキレイ。アニメならではの演出と動きがやっぱり原作とは違う良さがあっていいですね!由奈ちゃんの告白のシーンは彼女の心のように綺麗で華やかで楽しげで、恋する気持ちが目に見えたようで高まりました。由奈ちゃんからなびく髪の毛からシャンプーの香りがしそうです…。一番萌えたのは寝ぐせで学校行きたくない由奈ちゃんでしたね…カワイイ・・・。毎分毎秒ほんとカワイイです。私も映画を観て、彼女たちと一緒に恋した気分になりました。

■ 春田なな(代表作:「サボテンの秘密」「つばさとホタル」)

『思い、思われ、ふり、ふられ』アニメ映画観させてもらいました。漫画で読んでた4人がアニメで生き生きと動いててすごくかわいかったです!原作でも大好きだった文化祭のシーンは、走る由奈ちゃんと理央くんの躍動感に胸を打たれ本気で応援してしまいました。

■ 水野美波氏(代表作:「虹色デイズ」)

観させて頂いた時は四人とも動いてる…!!と感動しちゃいました。アニメだから当然なんですが、動きや声などが付くとこんなにもリアルで可愛くなるんだなぁと改めて思いました!特に由奈ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったー!でも朱里ちゃんも好きー!!!最後までキュンキュンできる本当にかわいくて素敵な映画です。

■ 南塔子氏コメント(代表作:「360°マテリアル」)

なるべく傷つきたくないし笑って過ごしたい…そう願いながらも思い思われ振り振られていく4人の男女。辛い中でもみんな自分勝手ではなく他の人を思いやって行動していたりして素敵です。個人的にひたすら由奈ちゃんに心洗われました。可愛い、可愛すぎる…!

■ 目黒あむ氏コメント(代表作:「ハニー」「てをつなごうよ」)

映像がとても綺麗で自然物などの表現が繊細ですごく素敵でした。所々入るアニメならではの演出もすごく可愛くて。細かいんですが我妻くんの由奈ちゃんへの気持ちに気づいた時の朱里ちゃんの動きが可愛くて大好きです。みんな可愛くて愛しくて、原作とはまた味の違う魅力満載でした!

■ 柳井わかな氏コメント(代表作:「シンデレラ クロゼット」)

一足先にふりふらアニメ映画見させて頂きました。原作そのままの空気感で、あの名シーンがこんな風に動いて表現されるんだ〜と始終感動しっぱなしでした。心洗われる青春映画です。素敵な作品を見せて頂きありがとうございました。

■ やまもり三香氏コメント(代表作:「ひるなかの流星」)

咲坂先生の作り出すキャラクターはみんな不器用で、素直で、そしてとてもリアルで。画面から写し出される全てが瑞々しく、心の中で「頑張れ!頑張れ!」と応援しながら観てしまいました。由奈も朱里も理央も和臣も、4人がそれぞれを思いやり成長していく姿がとても眩しくて羨ましい、そんな青春映画でした。

■ 結木悠氏コメント(代表作:「こっち向いて」)

誰かを思いやることで、自分の気持ちに蓋をしてしまう不器用な4人をやはり愛しいと思うのは、まっすぐで、こんな人たちになれたらという憧れが詰まっているからだと思います。原作にプラスαで、とにかく由奈がかわいい!!終始理央が羨ましかったです。(ザテレビジョン)