10月15日(木)に先行上映、10月23日(金)より全国公開される映画「きみの瞳が問いかけている」のリモート完成報告イベントが9月15日に開催され、W主演を務める吉高由里子、横浜流星、そして三木孝浩監督が登壇した。

本作は、チャールズ・チャップリンの「街の灯」をモチーフにした韓国映画「ただ君だけ」をリメークした純愛ラブストーリー。不慮の事故で視力と家族を失うが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る女性と、過去のある事件をきっかけに未来を失い、心を閉ざした元キックボクサーの恋を描く。

吉高と横浜は初共演になるが、吉高は「三木監督と3人で焼き肉に行った時に初めて顔を合わせましたが、画面で見るより実際の方が落ち着いて見えて。お話してもしっかりしていて、真面目にいろんなことを考えていて、23歳とは思えない」と横浜の印象を告白。

一方、横浜は吉高について「明るくて、すごく元気で場の空気を和ませてくれる方」と言い、「最初は人見知りということもあり、心の壁を閉じていたのですが、出会って1時間もたたないうちに見事に開けられましたね。すごいです。本当に助かりました」とエピソードを披露した。

横浜はキックボクサーを演じたが、三木監督は「極真空手の中学生世界チャンピオンになったこともある、素晴らしい素質を持つ横浜くんとアクションを撮れるっていう、ワクワクしかなかった」と当時の心境を告白。

そんな横浜はキックボクシングの蹴り方やパンチの仕方を一から学んだそうで、「空手とは全然違うので、一つ一つ修正する作業をして。あと、その頃は細かったので、体を大きくしようと1カ月くらいで10kgくらい増やしました」と振り返っていた。

今作の魅力を問われ、吉高は「誰かに会いに行きたくなる映画だなと思いました」とニッコリ。横浜は「無償の愛はこういうものなのかと、愛について考えさせられた映画でした。自分がもし大切な人ができた時に、たくさん障害があったとしても、その人をただ思って、守れるような男でありたいと思いました」と打ち明け、「男性の方にも共感してもらえるような作品だと思う」と胸を張った。

■ バースデーサプライズも!

さらに横浜が、9月16日(水)に24歳の誕生日を迎えるということで、誕生日サプライズも。

リモート中継でつながったファンからの「ハッピーバースデー」の合唱の中、吉高がケーキを運んできて、横浜を祝福。横浜は「ありがとうございます! めちゃくちゃうれしいです。こんな幸せな誕生日前日はないです」と笑顔を見せていた。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=TAKAMI)