窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第69回が9月17日に放送された。梅(森七菜)をめぐる恋の三角関係が大きく動き、視聴者からは感動の声が続出。ドラマ出演2作目ながら存在感ある演技を見せたハナコ・岡部大にも賞賛の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 五郎、人生最大の難問に出した答えは…

作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。6月29日から行われていた再放送を経て、9月14日から本放送が再開されている。

第69回では梅の恋、そして五郎の作曲家修行の結末が描かれた。

素朴で実直な五郎が気になってしかたがない梅。初めは正直すぎる物言いにモヤモヤしていたが、五郎に「梅さんはすばらしい小説を書く才能と、人をいつくしむ心がある。もっと自分を好きになってください」と真っすぐな言葉で励まされ、どんどん特別な存在に。

「あの人のことを考えると胸がこう…キュッとなって」「気になるっていうか、ほっとけんっていうか…」と、モヤモヤは恋心に変わっていった。

一方、五郎は“才能”の壁に悩んでいた。廿日市(古田新太)に「この世界、才能だからな」と釘を刺され、自分には才能があるのか、ないのか…不安を募らせていた。

「努力しても、しょせん自分はダメなんだ」と落ち込む五郎に、梅は「五郎さんは、本気で音楽で身を立てたいの?」「大事なのは、五郎さんがどう生きたいかってことだと思う」と忠告。続けて「五郎さんダメな人なんかじゃない。ダメなだけの人、好きにならんもん」「私は、五郎さんのことが…好き」とまっすぐに思いを伝えた。

■ 「あさイチ」でも大人気!華丸「まだわからんよ」

突然の告白と“どう生きたいか”という難問を突きつけられた五郎。

梅に「人から才能ないって言われたっていい。文学が私の太陽だから。五郎さんの太陽って何?」と問われ、何も答えることができなかった。そんな自分は梅にふさわしくないとも思ったのだろうか、悩んだ末に出した答えは、弟子も辞め、古山家と梅の前から去ることだった。

第66回で梅と五郎が古山家に居候をはじめ、駆け足で描かれた恋のてん末だったが、視聴者からは感動の声が続出。SNSは「儚い恋だった…」「ラスト、五郎を無言で見送って涙をこぼす梅にぐっときた」「ドラマで久しぶりに泣いた」といった声でにぎわった。

田舎の奉公先を飛び出し、作曲家を夢見て上京してきた五郎。演じる岡部は、“お笑い第七世代”のトリオ・ハナコのメンバー。コントを通じて演技を身につけてきた。「THE突破ファイル」(日本テレビ系)の再現VTRなどでも落ち着いた演技を披露しているが、本格的な演技経験はドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の堀江耕介役に続いて今回が2作目となる。

真っすぐで人を疑うことを知らない朴とつな存在感が、岡部自身の持つ雰囲気にピタリとハマった。視聴者からは、五郎を演じた岡部への「五郎好きだったな…」「岡部さんの五郎はまり役だった。ジーンとくるシーンがいっぱいあった」「たった4日の出演でこんなにも愛される五郎はすごい」「これで退場じゃないことを祈る」といった賞賛の声も多く上がっており、初登場からたった4日で多くの視聴者の心を掴んでいたことがわかる。

五郎に心奪われたのは「あさイチ」MC陣も同様だったようで、恒例の“朝ドラ受け”も五郎の話題でもちきり。近江友里恵アナが「五郎ちゃんファンになったばかりなのに」と打ち明けると、博多華丸・大吉の2人も「諦め、早すぎるでしょ」(華丸)、「もうちょっと、石にかじりついてでもね…」(大吉)と共感。華丸は「まだわからんよ。好きって言われて出ていくのは『寅さん』だけですよ」と、今後の再登場に期待を寄せていた。(ザテレビジョン)