昨年6月と9月、そして今年3月に放送されたノンフィクションミステリー「0.1%の奇跡!衝撃 逆転無罪ミステリー」(夜8:00-10:48、テレビ東京系)の第4弾が、9月21日(月・祝)に放送される。ロンドンブーツ1号2号・田村淳、ますだおかだ・岡田圭右、みちょぱこと池田美優らが出演する。

同番組は、起訴されたら99.9%の確率で有罪になる日本で、0.1%の奇跡を起こし、無罪を勝ち取った物語を、サスペンス風の再現ドラマで紹介するバラエティー。

元裁判官で、ニューヨーク州でも弁護士を務めたことがある八代英輝弁護士、弁護士でありながらグラビアでも活躍している司法界の女神・渥美陽子弁護士、元東京地検検事として数々の大事件を担当してきた落合洋司弁護士、3人の「最強司法専門家軍団」が、事件の背景をより分かりやすく解説する。

■ 高橋弘樹プロデューサーコメント

今回は、「時代の空気」が生み出した「先入観」がテーマです。冤罪(えんざい)はいつも思うのですが、警察も検察も、なんとか犯人を見つけ出そうという強い善意の結果生まれることが多いです。

しかし、いつもその善意がゆがむ原因が潜んでいます。今回は、その原因が「空気」による「先入観」であるものがラインアップされています。

中には、このコロナ禍でこそ起きた最新の事件も...。このように閉塞感が漂い、疑心暗鬼になっているときにこそ、「先入観による正義」による大きな冤罪が生まれないよう注意しなければならないかもしれません。…ということを、笑って楽しみながら学べるようになっていれば幸いです。

■ 渡邊麗プロデューサーコメント

この番組は“冤罪”や“裁判”の知識がなくても楽しめるよう、難しい専門用語をあまり使わないことを意識して制作しました。

「私はやってない!」が全く通じない、リアルな冤罪が連発。明日はわが身…と思うのはもちろん、次第に「自分は冤罪を生み出す側にもなりうるんだ」と実感するポイントもたくさん見えてくると思います。

どの事件も“今”見てほしい要素を詰め込みました。奇跡の逆転劇をお楽しみください!(ザテレビジョン)