9月23日(水)に第7話が放送となる、浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)。今回、第7話より七桜(浜辺)と多喜川(山崎育三郎)、椿(横浜)と栞(岸井ゆきの)、それぞれの2ショットと関係性が映し出された新シーン写真が公開された。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

■ 七桜(浜辺美波)を励まし続ける多喜川

第7話では、第6話で大旦那(佐野史郎)が主催した茶会から、3年後の世界が描かれる。今回解禁した七桜のシーン写真には、七桜と、隣には多喜川(山崎育三郎)の姿が。椿との関係を気にかけながらも、多喜川は七桜の背中を押し、御菓子作りを支え続ける。

■ 椿&栞の2人の姿は、光月庵に

一方、3年後に椿のそばにいる女性は、元婚約者である栞。

親の決めた結婚を破談にし、椿を追いかけ家出してきた栞は、消せない恋心を胸に、光月庵で働きながら椿を支えようと健気に振る舞う。しかし、いくらそばにいても、椿の中に七桜を感じるたび、不安に苛まれていた。

それぞれ別の場所へと身を置く七桜と椿の運命を、多喜川と栞が動かしていく…(ザテレビジョン)