9月15日の「恵比寿マスカッツ 真夜中の運動会」(毎週火曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIAL 2チャンネル)では、新競技『ローションダンク選手権』企画が放送された。その模様を紹介するとともに、9月1日の復帰会見生放送で約半年ぶりに休養から復帰し、9月8日・15日にも出演していたリーダー・市川まさみに久々の収録の感想などを聞いた。

■ 史上初の『ローションダンク選手権』開催!優勝は…!?

この日の『ローションダンク選手権』企画には、松岡凛、桜もこ、宮村ななこ、奈良歩実、白藤有華、由愛可奈、松本ゆん、まいてぃ、三上悠亜が自前の水着で臨んだ。そしてデモンストレーションにはおなじみの吉澤友貴が登場。

ローションまみれの特製床コートでバスケットボールのダンクシュートを実演し、その様子を天井カメラで撮影。その技術点・芸術点を競う。

華麗なデモンストレーションを見せた吉澤は、自身も少し満足げな表情で「どうっすか、どうっすか」と言うと、番組MCの大久保佳代子(オアシズ)から「素晴らしいですよ」「おつかれさまでした。今日はもう以上なんで」と告げられてしまう。

トップバッターの松岡はテンション高めに歌いながらローションを浴び、回転しながら大胆にダンク。桜はおそるおそるボールを受け取り、最後はまさかの足でのシュートで反則という結果に。宮村はローションをスムーズに身にまとい横回転しつつボールで遊びセクシーさを発揮した。

続いて奈良は水着がずれてしまいそうになるハプニングを何度も起こしながら長い手足を生かしきれず面白い動きに。白藤は勢いよく飛んでしまいゴールを通り過ぎるプレーで笑いを誘った。由愛は気合いの入った顔つきでダイナミックでスピーディーな動きを見せた。松本はドリブルを挟みながらバタバタとした動きで得点が伸びず。まいてぃはお尻を魅せる独特のプレースタイルを見せた。

ラストの三上は激しい声を出しながら競技終盤にヒモに手をやり(?)、毎度おなじみの“ヒモ芸”を見せやりきった表情に。高得点を獲得し優勝を飾った。そんな三上に大久保も「入れた後の余韻をすごく楽しんでる」と高評価のコメントを残した。

■ 9月に復帰したリーダー・市川まさみ インタビュー

収録に参加した市川に、感想を聞いた。

――半年ぶりの復帰、おめでとうございます!

ありがとうございます!

コロナの影響もあって治療が延期になって完治まではいけてなくて…様子を見ながらにはなるんですけど、頑張りたいなって思っています。

■ 市川まさみ「震えました(笑)」

――久々の出演は生放送でしたが、あの時はいかがでした?

震えました(笑)。収録ってこんなに緊張するんだっていう、入ったばかりの頃を思い出してちょっと手が震えていました。でも、自分の思いが伝えられたのでいい機会をいただけたなって感謝してます。

――市川さん不在時に、吉澤さんがリーダー代理をされていましたね。

直接連絡も取り合っていましたが、本当に助かったなって。もともと私が意見を言えないタイプなので、意見を言ってくれる人がいると頼れますし、自分が言えないことを代弁してきてくれたので、友貴がリーダー代理をやってくれるって聞いたときは安心しました。任せて大丈夫だなって。

――さらに新メンバーも加入されました。

新メンバーの全員と会いました。実は前にお仕事した子も何人かいて、久しぶりって感じの子もいました。コロナウイルスの影響でライブが出来なかったり番組に参加できなかったりと、新しく入った子たちにはかわいそうだなって気持ちもあるんですけど…入ってきてくれてうれしいです。

今チームが落ち着いてきたところで新しい風を入れてくれるのは、既存のメンバーにも刺激になりますし仲間を思う力も養えるので、今この大変な時期を乗り越えたらもっと成長できるんじゃないかなって楽しみでもあります。

――新加入の希島あいりさんは初代メンバーでもありますが、特に意識したりは…?

私個人的にはあまり世代を意識していないですね。私は2期生なんですが、1期生の子もいるし、初代さんだからってあまり気にしていなくて、今が大事。今は今のメンバーだから。

みひろさんも希島さんも、もしかしたら初代であることを気にしてらっしゃるかもしれませんが、みんなで今を楽しめたらいいなって思います!

――ローション競技の放送回では、市川さんらしい真面目なコメントぶりで…。

そうなんですよ、本当面白いことが言えなくて…。

――でも見ていて市川さんの復帰が実感できました(笑)。10月に予定していた活動10周年ライブの延期が決まってしまいましたが、最後にファンに向けてのメッセージをお願いできますでしょうか。

私たちも今年一番のライブだと思っていたので、正直いうと年明けからそこに目標を合わせていたんですよ。

残念な結果にはなってしまったんですけど、私たちがこれだけショックを受けてるということは、ファンの方はもっともどかしさがあったと思うんです。それを目標に仕事を頑張るっていうお声をいただいたりもしていたので…。

私たちも気持ちは一緒なので、延期になってしまったけどもその分のパワーを来年の春に向けてお互い高めていきたいです。コロナに負けないくらい、一緒にそこで爆発させたいな!(ザテレビジョン)