2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。本放送が再開された同作について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

■ 異例の“朝ドラ”長期休止

コロナ禍による撮影中断のため、6月29日より第1回からの再放送が行われていた“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」。9月14日(月)から本放送が再開された。休止中は1話から65話までの再放送で、本放送再開の66話から自然につながって見られる配慮がされていた。また、再放送の副音声として、出演者たちが週替わりで、役になりきってドラマの解説をするという工夫も凝らされた。

こんなことは1961年から続いている朝ドラ史上はじめてのこと。特別なニュースのために一回分放送休止になることがごくたまにあるくらいで、長い休止は、「おしん」(1987年)放送時。主演の田中裕子が体調を壊したため1カ月撮影を休止、本編を1週間休みにし、代わりに子役の小林綾子がおしんの故郷・山形を紹介するドキュメンタリー番組を放送したことがあった。今回はそれ以来の最大の事件であろう。しかも、話数も10話短縮されることになった。これは残念。

こういうアクシデントに出くわすと、1961年から、休むことなく、半年ないし1年間の連続ドラマを59年間、102作、作り続けているということはすごいことだと改めて感じる。2020年、朝ドラファンにとって忘れられない年になりそうだ。

■ 初々しく爽やかだった森七菜“梅”&岡部大“五郎”

休止時の65回は、古山家に突然、裕一(窪田正孝)の弟子にしてほしいと、田ノ上五郎(岡部大〈ハナコ〉)が訪ねて来るところで終わり、再開初回の66回から70回までは、五郎の弟子入りと、音(二階堂ふみ)の妹・梅(森七菜)の上京エピソードが描かれた。

事前に放送されていた再開のお知らせ映像では、太平洋戦争がはじまり、主人公・裕一の作曲家としての才能が、戦時歌謡を続々生み出していくことになると紹介されていたので、裕一と音の出番が控えめで、裕一と音が若い五郎と梅を見守る側に回っていたことが少し意外だった。「エール」がいつの間にか終わって、新鋭・森七菜演じる、小説家を目指す文学少女・梅が主人公の新しい朝ドラが始まったのかと思った人もいたのではないだろうか。

それだけ森七菜と岡部大は初々しく爽やかだった。裕一と音も明るく爽やかな夫婦だが、朝ドラは結婚して子供ができるとちょっと主人公が落ち着いてしまう傾向にある。やっぱり、仕事や恋に向かってがむしゃらに頑張っているときが盛り上がるのである。

そういう意味では、裕一と音はドラマの序盤で紆余曲折を経て結婚し、長女・華(田乃中愛)も生まれ、裕一の仕事も現在「低め安定」ながら落ち着いている。2階建ての大きな家を維持できるのだから十分安定していると言っていい。

そこへ戦争の足音が聞こえ。戦争と音楽というシリアスなテーマに突入していく前に、今一度、若者の夢や恋の煌めきを描くのも悪くないだろう。再開週がいきなり戦争がはじまりました、となるより、梅と五郎回で良かった気がする。

森は、幼い頃からの夢だった作家の道が拓かれた梅の歓びと揺れる心を、いわゆる天真爛漫というのとはまた違う、テンション低めだが決して暗くない不思議なニュアンスで演じ、岡部は居場所も才能もない孤独をまっすぐに演じた。

梅と五郎は、お互いがこれからの自分の人生の傍らにいることで人生が輝く、そういう相手だと思うようになり、梅は居場所のない五郎を故郷・豊橋につれていき、関内家の事業・馬具製作を継がせることにする。

五郎は裕一の曲が好きで、作曲家になることを夢見て弟子入りしたものの、才能がないことがわかり、落胆。でも五郎にも梅を励ます才能はあった。梅が折ってしまった鉛筆も上手に削ってあげることができる。そんな些細なことでも生きる力になる。ふたりが心を通わせていく場面は心洗われた。

梅が三女にもかかわらず、家の事業を継ぐ人をみつけるとは驚きの展開ではあったが。

このように、若いふたりによる番外編のようでありながら、裕一と音が若者を見守る懐の広さを持てるようになったこと、裕一の作曲家としての才能を感じさせる側面もあった。裕一と音が「才能ってなんだろう」と考える場面もあって、その才能が今後、戦時下、力を発揮していくという伏線になっているのだと思う。

15週からは太平洋戦争編。笑顔の絶えない、夢に満ち溢れた、平和な生活がどうなっていくのか。心して見たい。もしかしたら、ドラマで描かれる、戦時下、何かと我慢しなくてはならないことと、現実、私たち視聴者が体験したコロナ禍での自粛生活と、重なる部分もあるかもしれない。

裕一の大切な友人たちーー作詞家を目指しながらおでん屋を営んでいる鉄男(中村蒼)と、コロンブスレコードと専属歌手契約をしたがまだ活躍の場のない久志(山崎育三郎)の今後も気になる。(文=木俣冬)(ザテレビジョン)