嵐の二宮和也が主演を務め、10月2日(金)に公開される映画「浅田家!」が10月14日(水)にインターナショナルプレミアとして、第36回ワルシャワ国際映画祭「国際コンペティション部門」に出品されることが決定。同じく10月に開催される第25回釜山国際映画祭「オープンシネマ部門」に正式招待されることも決まった。

同映画は、浅田の写真集「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し、元の持ち主に返すボランティア活動に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、中野量太監督が実話に基づき、独自の目線で紡いだ、オリジナルストーリー作品。

浅田を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族をユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか、1人の写真家の人生を通して「家族の絆」「写真が持つ力」を色濃く映し出していく。

日本での公開も間近に迫る中、「浅田家!」がワルシャワ国際映画祭「国際コンペティション部門」に出品されることが決まった。

同映画祭は、1985年からポーランドの首都・ワルシャワで開催されている、世界15大映画祭の一つ。第36回となる今回は10月9日(金)〜18日(日)の10日間開催される。

「国際コンペティション部門」は、ワルシャワ国際映画祭の最高賞(ワルシャワ・グランプリ)を選ぶ部門で、今回は世界各国から15作品が選出されており、「浅田家!」はまだ邦画が受賞したことのない最高賞のワルシャワ・グランプリを狙う。

さらに、同じく10月に開催される第25回釜山国際映画祭「オープンシネマ部門」に正式招待されることも決定した。

釜山国際映画祭は1996年に創設された、韓国・釜山で開催されるアジア最大規模の映画祭。「オープンシネマ部門」は、人気、芸術性に富んだ新作や国際的に評価された作品が、6作品選出され、メイン会場である「映画の殿堂」の野外スクリーンにて釜山最大の座席数(6000席規模)で上映される釜山国際映画祭を代表する部門だ。

今回は10月21日(水)〜30日(金)の開催期間で、「浅田家!」は、オープンシネマ部門で唯一の邦画として上映される。

なお、二宮の出演作が海外の映画祭に選出されるのは「検察側の罪人」(2018年)の第38回ハワイ国際映画祭への出品以来となる。

そんな海外映画祭への出品について、本作を企画した小川真司プロデューサーは「ワルシャワ国際映画祭に関しては、コロナ禍で世界が混乱している中なので、 見ている人がポジティブになれるような映画を上映したいという理由で選出されたそうです。

さらに、アジアとヨーロッパという二つの市場で勝負したいと考えていた際に、釜山国際映画祭からもオープンシネマ部門という非常に大きなキャパシティを誇る代表的な部門でのご招待を頂いた」とコメントしている。

■ 二宮和也「とてもうれしく思います」

また、主演の二宮は「映画『浅田家!』が、ワルシャワと釜山、2つの国際映画祭への出品が決定したこと、とてもうれしく思います」と喜びを語る。

続けて「本来ならば僕も参加してそれぞれの国の皆さんと一緒に見たかったのですが、コロナの影響で今回それがかなわず残念です。“家族の絆”、“写真のチカラ”と、とても普遍的なテーマのある作品なので、きっと楽しんでいただけると思います!

こんな今だからこそ、この作品の持つ温かさと優しさが、海を越えて世界中に広がっていくことを祈っています」とコメントを寄せた。(ザテレビジョン)