テレビ東京系では、10月26日(月)に仲村トオル主演「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」(夜8:00-9:54)を、11月9日(月)に岸谷五朗主演「横山秀夫サスペンス モノクロームの反転」(夜8:00-9:54)を放送する。

原作は警察小説の最高峰との呼び声も高い、横山秀夫の「第三の時効」に所収されている同名小説。山梨県警本部の強行犯捜査係を舞台に、“県警史上最強”とうたわれる捜査チームで班長を務める二人の男の生きざまを通して、事件の真相に迫る。

仲村は、強行犯捜査係一課(通称:一班)の班長・朽木泰正役。鋭い洞察力と経験に基づく捜査理論をもとに事件を解決するが、笑顔を一切見せず“青鬼”の異名を持つ孤高の刑事。 そんな“一班”に対抗心を燃やす三課(通称:三班)の班長・村瀬恭一を演じるのが、岸谷。朽木とは対照的に、本能と直感を武器に捜査を展開する天才肌の刑事だ。

木下真梨子プロデューサーは「両作品を見ることで、朽木と村瀬という『静』と『動』の刑事による二人の生き様や、事件に対する思いを感じ取っていただけると思います。 仲村さん、岸谷さんをはじめ、数多くの実力派のキャストの皆さんが、思いっきり事件にぶつかる姿は本格的ミステリーとして見ごたえのある作品になっていますので、ぜひご覧ください」とコメントした。

■ 10月26日(月)放送「沈黙のアリバイ」あらすじ

朽木(仲村)たち一班は、数カ月前にパチンコ店の現金輸送車を襲った、強盗殺人犯を追っていた。主犯格の男は逃亡中だったが、共犯の湯本(忍成修吾)の居場所を掴む。 物証が乏しい中、取調官の島津(音尾琢真)が、湯本の自供を取ることに成功する。

そんな湯本の初公判当日。主犯の新情報が出ると思われていたが、湯本は「助けてください!脅されて自供したんです!」と叫び、取り調べでは語らなかった「アリバイ」を主張する。

■ 11月9日(月)放送「モノクロームの反転」あらすじ

山梨県北西部の山間で弓岡(米村亮太朗)、洋子(新山千春)夫妻と5歳の息子が殺害される事件が発生。村瀬(岸谷)が率いる三班が出動するが、一課の課長・田畑(平田満)は、朽木(仲村)率いる一班も出動させる。ぶつかり合う2つの班が一つの事件に挑む異例の事態に。

朽木は「一班が乗り込めば一班の事件になる」と息を巻き、村瀬は「あいつらは白アリだ。事件を喰われるぞ」と班員たちにげきを飛ばす。朽木ら一班は、住人の安田(今井悠貴)から、不審な白い車の目撃情報を得る。そんな中、村瀬は洋子の同級生で中学教師・久米島(福士誠治)と持田(石垣佑磨)の元へ向かう。(ザテレビジョン)