アイドルグループ「つりビット」の元メンバーで、現在は女優やグラビアアイドルとしても活躍中の安藤咲桜が、6月26日にファーストDVD「サクラサク!」(リバプール)を発売。東京・ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館でリリースイベントを開催し、囲み取材に応じた。

安藤は「撮影は緊張したんですよ、どういう感じに仕上がるのかなとか、初めての挑戦だったので。戸惑いとかもたくさんあったんですけど、手に取ってみて、安藤咲桜が一番分かるDVDになったんじゃないかなと思います。

手に取ってみて、感動というかうれしさが一番大きかったですね」と元気にあいさつした。

■ ずっと行きたい場所

今年の初め頃、グアムで撮影された本作。「いや、ぜいたくですよね(笑)。初めてのDVDをグアムで撮らせていただくなんて思わなかったですし、ずっと行きたい場所だったので(笑)、すごくうれしかったです」と、本音もポロリ。

「ちょっとストーリー仕立てになっていて、安藤咲桜とグアムを旅行できるような…結構明るいハッピーな感じのDVDになっているかなと思います。

個人的にお気に入りなのが、野球をしたシーンで。野球のユニホームを着て…かわいいウエアを着て。すっごい広いグランドで野球をしまして、すごく楽しかったです。

運動音痴で自信がなかったんですけど、でも『筋がいい』と褒められたので(笑)、自信をもってオススメできるシーンです」と胸を張った。ただ、実は野球よりもサッカーが好きということも正直に打ち明けていた。

■ コスプレ?

ほかにもオススメのシーンについて「もう“コスプレ”になってしまうんですけど制服を着たんですね。『私が着ても大丈夫か?』という思いもありながら、あまり着ることができなくなってしまった制服なので、結構貴重だなと思うので、そちらにも注目してもらいたいですね」とアピールした。

逆に一番セクシーだなというシーンに関しては「水着的にも黒の水着じゃないですかね。ストーリーというよりはグラビアのショットっぽい、イメージっぽいところですね」と、ジャケット写真の裏の横たわったシーンを指差した。

この日は3部構成で行われた安藤のリリースイベント。翌日、10月4日(日)には、大阪・ソフマップなんば店でも開催されることが決定している。(ザテレビジョン)