窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第75回が9月25日に放送され、“福島三羽烏(がらす)”と恩師・藤堂先生(森山直太朗)の精神的な結びつきが印象的に描かれた。物語はいよいよ太平洋戦争へと突入していく。(以下、ネタバレがあります)

■ 「俺のことを思って、書いてみてくれないか」

作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く本作。第15週「先生のうた」では、福島出身の幼なじみ3人組、古山裕一(窪田)・佐藤久志(山崎育三郎)、そして村野鉄男(中村蒼)からなる“福島三羽烏”の転機が描かれた。

陸軍馬政課から、国民の戦意を高めるために制作する映画の主題歌を作曲してほしい、と依頼を受けた裕一。三羽烏の鉄男が詞を書いたものの、その詞は軍部から「軟弱だ」と何度も突き返された。

自信を失っていた鉄男を変えたのは、恩師・藤堂(森山直太朗)の言葉だった。出征することが決まった藤堂に「俺のことを思って、書いてみてくれないか」「もし、村野と古山が作った曲とともに行けたら、こんなに心強いことはない」と打ち明けられ、鉄男はもう一度原稿用紙に向かった。

第75回では、鉄男が藤堂を思って書いた詞が採用に。裕一が曲をつけ、久志が歌う「暁に祈る」が大ヒットを飛ばすてん末が描かれた。

久志が歌う「暁に祈る」をバックに地元福島から出征していった藤堂。傍らには、涙で見送る妻・昌子(堀内敬子)の姿も…。裕一は、遠く東京の地から「先生、どうかご無事で」とつぶやいた。

いよいよ世に出た福島三羽烏に視聴者からも感慨の声が上がる一方、出征していく藤堂を思う声も少なくない。

藤堂が出征を打ち明けた第74回の放送後には「藤堂先生」がTwitterのトレンドトップ10入り。第75回で出征シーンが描かれると「出征シーン本当に泣けた…」「藤堂先生がいたから三羽烏は生まれたんだな」「昌子さんの悲しい顔、つらい」「先生必ず帰って!」などさまざまな声が上がった。

太平洋戦争が始まり、今後裕一たち福島三羽烏は戦意高揚の立役者として重宝されていくことになる。視聴者からは「ヒットおめでとうと言いたいけれど、複雑…」「ここからしばらくは、つらい時代だな」と今後を危惧する声も上がっている。(ザテレビジョン)