10月3日(土)の「MUSIC FAIR」(毎週土曜夜6:00-6:30、フジテレビ系)で、「松田聖子特集」が放送されることが分かった。

2020年の4月にデビュー40周年を迎えた松田の、これまでの「MUSIC FAIR」出演の歴史について、MCの仲間由紀恵、軽部真一アナと共に振り返る。

そして、デビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」に収録される新曲「風に向かう一輪の花」を披露する。

松田は1981年に初めて「MUSIC FAIR」に参加してからこれまでの間、実に35回も番組に出演してきたという。そんな長い歴史を刻んできたさまざまな映像を振り返りながら、懐かしい思い出話に花を咲かせる。

■ 松田聖子の貴重映像を公開

トーク前半では、海援隊と共演したザ・ビートルズの楽曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」(1981年5月26日放送)や、日野皓正と共演した「ニューヨーク・ニューヨーク」(1984年9月23日放送)などの名コラボ・名カバー楽曲を中心に振り返る。

他にも、40周年という節目を迎えた松田が新たに挑戦していることについてもさまざまな秘話を交えて語る。

さらにトーク後半では、松田のヒット曲「夏の扉」「野ばらのエチュード」「旅立ちはフリージア」「瞳はダイアモンド」「チェリーブラッサム」などのソロ歌唱映像、全9曲の貴重な映像を公開。

映像を見た軽部アナは、ファンだったという若い頃を思い出し、興奮を隠せない様子。また、松田は当時の映像を見て「緊張するし、恥ずかしくてたまらない!」と語る。(ザテレビジョン)