9月26日(土)、WOWOWライブにて放送される「劇場の灯を消すな!本多劇場編 特ダネ!皆川スポーツ in 演劇とパンケーキの街、下北沢。宮藤官九郎と細川徹責任編集」。同番組の放送に先がけて、収録の模様をリポートする。

「劇場の灯を消すな!」は、新型コロナウィルス感染防止の観点から公演の延期や中止が続く中、WOWOWが劇場と協力してオリジナル番組を制作・放送する演劇プロジェクト。

3回目となった今回の舞台は、東京・下北沢の本多劇場。客席数は400弱と同シリーズの中で最も小さく、個人経営という意味でも異色の存在だ。

だが、「劇場の灯を消すな!」というコンセプトに照らした際には欠かすことのできない場所の一つだろう。理由の一つとして挙げられるのが、オープンから約40年の間にここで公演をした舞台人の多さだ。

400席という客席数は、いわば小劇場と中劇場の中間にあたる。それ故に勢いに乗る若手からベテランまで、数日〜1ヵ月にわたって数々の自信作や実験的な作品を上演してきた。それが40年近く続いてきたのだから、舞台人の多彩さは随一。番組はまさにそれが反映された内容となった。

今回の“責任編集”を担当したのは、宮藤官九郎と細川徹。同じ「大人計画」に所属する二人は普段から交流があり、飄々とした空気を醸し出しながらも真剣に、さまざまなメディアでナンセンスな笑いを展開する活動が共通している。

共同の演出はスムーズで、撮影は終始なごやかな空気の中で行われた。出演者は大人計画のメンバーを中心に、賑やかな“本多劇場ラバーズ”が集結した。

■ 皆川猿時が朗読劇であこがれの小泉今日子と共演!

シリーズの共通企画である朗読劇(手紙をモチーフにした井上ひさしの短編集『十二人の手紙』から一編を選んで朗読)で披露されたのは『ペンフレンド』。北海道に一人旅をすることになった若いOL・弘子が、雑誌の文通欄で旅に同行してくれるガイドを募集、理想的と思われる男性を選ぶが…という内容だ。

好奇心旺盛でイキイキした魅力が文面にあふれる弘子を演じるのは小泉今日子。本多劇場には「隠れる女」(2010年、岩松了作・演出)で初めて立ち、10月には18日間に渡ってイベントをプロデュースするなど、自身にとって思い入れがある舞台だ。甘さと癒やしが並立する唯一無二の声と、ほとんどNGのない技術はさすが。

対するのは大人計画の皆川猿時で、弘子の文通相手の候補3人を次々と演じ分ける。その度に着替えるのだが、年齢もキャラクターもまったく異なる男性達が、皆川の瞬発力で見事に誕生する。つい大笑いしてしまうが、ベースの演技力が高いことがよくわかる。

今回皆川は大活躍で、朗読劇以外にも、下北沢の街と劇場内をレポートしながら俳優という職業を理解していく男子中学生・皆川利美に扮し、柄本佑や要潤、阿部サダヲを始めとする大人計画劇団員と絡んでいく。百人組手のようなやり取りに注目だ。

■ 今をときめく神田伯山指導の下、荒川良々が講談に初挑戦!

三宅弘城は体操選手の衣裳に身を包み、細川演出の「正しい平台(舞台の床などに使われる木製の台)の持ち方」に取り組む。あくまでも真顔で、特に決まりがあるわけではない「正しい平台の持ち方」を何種類も披露していく。

三宅は「僕、どうやら本多劇場の舞台に最も多く立った俳優らしいんです」ということから、ゆかりのある劇作家によるスペシャル座談会の進行も担当。宮藤、細川に加え、岩松了、倉持裕、赤堀雅秋の5人からは、滅多に聞けないエピソードやこの顔合せだからこその本音が飛び出した。

もう一つの目玉は、荒川良々が初挑戦する講談。稽古をつけたのは、なんと神田伯山。これは仕掛けなしの真っ向勝負で、名作『中村仲蔵』をベースにしつつ、宮藤が生まれて初めて講談を書いた。

内容は、松尾スズキから「本番でウケを取れ」と厳命を受けた顔田顔彦(実話)が、プレッシャーから下北沢をさすらううちに一人の老人と出会い、身の上話を聞いていくと、どうやら本多劇場のオーナー・本多一夫氏で…というもの。

荒川は稽古期間が短かったことが信じられない落ち着きと迫力で、ほとんど淀みなく通しを2回行った。駆けつけた伯山も収録を見守ったが、終わった途端、「素晴らしい、何も言うことはない」と絶賛していた。

参加した人が皆打ち解けた表情を見せていたのが印象的で、これもまた本多劇場の力だろう。劇作も演出も演技も、ここで上手くなった人が楽しそうに恩返しをしているように感じられる収録だった。

■ 小泉今日子 コメント

岩松了さん演出の「隠れる女」(2000年)で初めて本多劇場の舞台に立たせていただきました。まだ歌手活動の方が多かった時期だったので数ミリかもしれないけど女優として一つ階段を上った気分になったことを覚えています。本多劇場は下北沢の聖地ですね。たくさんの役者さんが目指し、夢を支えてきた。ずっと下北沢に佇んでいて欲しい場所です。

朗読劇は、原作の「ペンフレンド」を十代のころに読んでいたのでお話を頂いた時にとても嬉しくて興奮しました。19歳の役なのでちゃんと演じられていればよいのですが(笑)。

宮藤さんと細川さんの演出は、仲間として何かを一緒に作っているという感覚があってとても楽しい時間でした。宮藤さん、細川さんらしい演劇っぽさが追加されていて新鮮でした。皆川さんが数人をおひとりで演じられるのが想像以上に面白かったです。

■ 皆川猿時 コメント

本多劇場は、繊細なお芝居も面白い顔もちゃんと伝わる大好きな劇場です。今はコロナのせいで、役者もお客さんもめちゃくちゃドキドキしてると思うんです。

なんだろう…初恋ってこんな感じでしたっけ?いやいや、全然ちがいますね、ごめんなさい。一日も早く、お互いリラックスできるような、恋人同士のような関係に戻りたいです(笑)。

初めての朗読は、僕にとってご褒美でした。お相手が小泉今日子さんだなんて、もうね、一生の思い出です。ありがとうございました!

■ 荒川良々 コメント

講談、疲れました(笑)。宮藤さんから提案され、伯山さんの講談をYouTubeで見てもいましたし、宮藤さんが脚本を書いてくれるというので「頑張ります!」と。

しかし難しくて…伯山さんの初見での実演が本当にすごかったんですよ。これは素人が登る山じゃない、とんでもない企画だと思いました。釈台までお借りしてひたすら稽古しました。コロナ禍だったからこそ講談をやる機会が降ってきたのかな、と今思っています。

僕は本多劇場での「ヘブンズサイン」(1998年)が初舞台でした。その時多くのお客さんが当日券に並んでいる前で、顔田(顔彦)さんが「もうやだ!帰る!」とか言って階段落ちして、男優陣で蒲田行進曲を歌ったのを鮮明に覚えています(笑)。芝居やりたいですね。

■ 神田伯山 コメント

落語は多くの著名人がやられてると思いますが、講談はほとんどいない。荒川さんの出来が素晴らしかったので、今後講談をやる人がやりづらいんじゃないかな(笑)。やっぱりすごい役者さんは違いますね。たった一週間でこんなに仕上げてくるとは!

張扇は素人の方がやると音が良くないんですよ。すごく練習されたんだと思います。ピシッと音がするたびに空気が変わってましたよね。完璧でした。あと、僕風の講釈でやっていただいているのですが、「僕風の講釈、面白いな」と改めて自画自賛しました(笑)。

宮藤さんの脚本は「中村仲蔵」のパロディ版で、本多劇場、大人計画などの情報を入れ込み全く知らない人も楽しめるエンターテインメントになっていて感服しました。誰にでもおすすめしたいです。

■ 三宅弘城 コメント

座談会の司会進行をさせていただき、緊張してたどたどしさに拍車がかかってしまいました(笑)。めったに揃わないメンツではないでしょうか。

本多劇場は高校球児の甲子園、ミュージシャンの武道館と同じ、演劇人としては夢の劇場です。演劇人のいろんなものが染み込んでいる場所なんです。

下北沢を演劇の街にしたのは本多劇場ですし、下北沢に来るだけでなんだかわくわくするんですよね。演劇は生で見るのが一番。一日も早くお客様の前で演じることができる日を願っています!

■ 岩松了 コメント

5人での座談会は初めてじゃないかな。久しぶりに演劇人たちに会って楽しかったですね。本多劇場はとても演じやすいし見やすい劇場です。声も通るし、キャパもちょうどいい。座席もかぶらないから観客としても最高ですね。

このコロナ禍でまだ少し混迷の時期が続くでしょう。作る方も見る方も手探りしながら、演劇というものが何なのか実感する時間でもある。この与えられた時間を大事にしつつ、早くまた演劇を皆さんに届けることができればと思っています。

■ 赤堀雅秋 コメント

久々に本多劇場に来ました。実家に帰ってきたような感じで、親しい演劇人に会えて本当に嬉しかったですね。本多劇場は舞台の大きさや客席との距離感などすべてが黄金比。

生々しい感覚が味わえる奇跡的な劇場だと思います。舞台はお客様あってこそなので、今はお互い嵐が過ぎ去るのを待って、また劇場でお会いしましょう!

■ 倉持裕 コメント

すごく楽しい座談会でした。長いお付き合いの方々ですが、改まって芝居の話をしないので新鮮でしたし、こんなに貴重な話が聞けると思いませんでした(笑)。本多劇場は小さな箱で作った芝居をそのままもってきても大丈夫な場所なんですよ。なぜかちゃんとハマる不思議な劇場です。

演劇はまだしばらくは100%の形で再開できなくて完璧ではないやり方になってしまうかもしれません。でもそこで諦めてはいけない。僕たち作り手も試行錯誤して努力しますので、観客の皆さんも付き合ってくれたら嬉しいなと思っています。

■ 細川徹 コメント

このコロナ禍で久しぶりに外に出てやった仕事でしたが、くだらないことをやるのがこんなに嬉しいとは! 今まで、当たり前にくだらないことをやってましたが、ありがたさを実感しました。宮藤さんと共同演出という形で一緒にやれて新たな発見もありとても楽しかったです。

本多劇場は笑いをやる舞台でちょうどいい広さなんですよね。生の声も届くし、自然な空気で笑わせることができる。大好きな場所なので本多劇場の力に少しでもなれたらと参加させていただきました。番組をご覧いただいて面白いなと思ってくださったら、是非劇場にも足を運んでいただけると嬉しいです!

■ 宮藤官九郎 コメント

朗読劇は初めての経験でした。座って読むだけじゃ芸がないかなと思って、衣装を決めて細かい演出も考えたのですが、稽古をしていく中で、朗読って視覚効果に頼ってはいけないということに気づいたんですよね。それで最小限の表現に絞りました。

講談の脚本を書いたのも初めてです。神田伯山先生の襲名興行の「中村仲蔵」を見て、本多劇場での顔田(顔彦)さんと松尾(スズキ)さんのエピソードを思い出したんです。本多、顔田、仲蔵のいいとこ取りです(笑)。荒川(良々)くん、想像以上の出来で感動しました。

本多劇場はとても笑いやすい空間なんです。本多より大きいか、小さいか、僕にとって基準の劇場ですね。一番後ろの席でも遠く感じない。楽屋も、下手の袖の天井が低いところも、すべてが大好きです。逆境からいいものが生まれると信じて、僕たち作り手も頑張りますので、いいところを見つけて楽しんでもらえれば嬉しいです。(ザテレビジョン)