浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系※最終話は夜9:00-10:54)が、9月30日(水)放送の2時間スペシャルで最終回を迎える。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

最終話では、血縁ではなく、より素晴らしい菓子を作る者を時期当主にするという大旦那(佐野史郎)の決断の元、菓子対決をすることになった七桜と椿。すべてを懸けて大晦日の除夜祭の準備に励む。

公式サイトで見ることのできる最終話の予告動画や先行カットでは、「どういうつもり? あなたと私は共犯でしょ?」と、今日子(観月ありさ)が何者かに語りかける場面や、「お前さえ生まれてこなければ…!」という言葉と共に、包丁を持ち、七桜に駆け寄る今日子の姿が公開されている。

■ 最終話あらすじ

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。そんな祖父の思いに触れた椿(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での七桜(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいというけなげな思いを察する。

しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。その弱気な姿を見て、多喜川は七桜を励ます。

その頃、椿に拒絶されて自己嫌悪に陥った栞(岸井ゆきの)は、城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのはうそだったことを告白する。

城島に親の愛を気付かされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜を眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人で「花がすみ」を訪れる。

そんな中、今日子(観月ありさ)は栞の妊娠がうそであることを見抜きながらも、無理やりにでも椿との結婚話を進めようと策略を巡らせていた。どんな手を使ってでも椿に光月庵を継がせようとする今日子に、栞は追い詰められていく。

夕子(須藤理彩)に遭遇した椿は、3年前、七桜が抱えていた秘密を知る。七桜の気持ちを思い、激しい葛藤を抱える椿と、火事の夜の真実を知った七桜。

和菓子対決が終われば、勝っても負けても二度と会えなくなる。2人はたまらずお互いの元へと走り出す。(ザテレビジョン)