堺雅人が主演を務める日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)の最終話となる第10話が、9月27日に放送された。半沢(堺)とは対立関係にありながらも愛嬌を振りまき人気キャラクターとなった金融庁検査官・黒崎(片岡愛之助)の活躍にも喝采の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 8話で退場!?も9話でカムバック!!

最終話では、半沢が箕部の元秘書・笠松(児嶋一哉)や大臣の白井亜希子(江口のりこ)らを味方に引き入れ、ラスボス・箕部幹事長(柄本明)に迫っていく展開が描かれ、視聴者を熱狂させた。

反響は大きく、Twitterでは「#半沢直樹」がトレンド世界一になったのをはじめ「最終回」「半沢ロス」「半沢さん」が世界トレンド入りするフィーバーぶり。最終回を迎えた喪失感を訴える“半沢ロス”の声が広がり、平均世帯視聴率も30%の大台に乗る32.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で有終を飾った。

最終回では、半沢を「いっそのこと辞めちゃえば?」「仕事なんかなくなったって、生きてれば何とかなる」と力づけた妻・花(上戸彩)、「この世で一番嫌いなお前を、全人生を懸けて叩き潰す!受けて立てぇぇぇ!」と最後まで憎まれ口で半沢を奮い立たせた大和田(香川照之)ら、2013年の前作から引き続いて登場したキャラクターたちが見せ場を作った。

中でも話題を呼んだのが、半沢とは前作からの腐れ縁、元金融庁職員にして現・国税庁職員の黒崎駿一(片岡愛之助)。

8話で金融庁から異動を命ぜられ、半沢に別れを告げた黒崎は、9話で半沢の前にまさかのカムバック。「もーもたろさん、ももたろさん、これから鬼の征伐に 助太刀するわよ黒崎が」と紀本(段田安則)にらみを利かせ、放送後には「黒崎」がTwitterの急上昇ワード入りとyahoo!検索ランキング1位を同時に果たす注目を集めた。

■ 愛之助、アメブロ更新「ま・た・ね!!」

そんな視聴者の期待に応え、黒崎は最終回でも登場した。

箕部の隠し口座を突き止める方法を聞きにきた半沢を「あれだけ協力してあげたのに箕部にしてやられたわけ?ダメダメのダメ沢直樹ね!」とこき下ろしたかと思えば、半沢が海外銀行の国内支店数を即答すると「ご名答!さすがアタシが狙ったオ・ト・コ!」と気を取り直し、「やっとつかんだ箕部の尻尾…絶対に話すんじゃないわよ」と必殺“急所つかみ”をお見舞い!…だが剣道の心得もある半沢がすんでのところで攻撃を受け止め、未遂に終わった。

クライマックスの会見シーンで黒崎は、箕部の隠し口座を持つとされる銀行に踏み込むため、名古屋で待機。笠松(児嶋一哉)と白井大臣(江口のりこ)が調べた口座情報を電話で聞き出し銀行に乗り込む連携プレーで、半沢の“1000倍返し”をバックアップした。

途中退場と見せかけて今作でも最終回まできっちりと見せ場を作った黒崎に、視聴者からは反響が続々。「黒崎さん最後まで出てくれてありがとう!!」「黒崎さんの直樹愛がすごすぎる(笑)」といった声が上がり、「もう黒崎ロス!!」「黒崎が主役のスピンオフ見てみたい!!」など別れを惜しむ声も。Twitterでは「黒崎さん」がトレンド入りしたほか、yahoo!検索ランキングでは「ダメ沢直樹」がトレンド入りする盛りあがりとなった。

黒崎役・愛之助は最終回の放送終了後、ブログを更新し「『半沢直樹』楽しんで頂き、本当に有難う御座いました 素敵な素敵な時間を有難う御座いました」とファン感謝のメッセージ。半沢を演じた堺との2ショットも公開し「ま・た・ね!!」と呼び掛けた。

大きな反響と共に完走したドラマ「半沢直樹」。無料見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」「TBS FREE」では1週間限定で最終回の無料配信、定額制の動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で前作と共に全話一挙配信されている。(ザテレビジョン)