俳優の志尊淳が、9月29日(火)より全国で放送される「明治 ザ・チョコレート」の新CMに出演することが決定した。

同CMでは、ソムリエ・田崎真也氏、フードエッセイスト・平野紗季子氏、エシカルファッションプランナー・鎌田安里紗氏と共に、それぞれの切り口で「明治 ザ・チョコレート」の魅力を伝える。

■ CM撮影秘話

新CMでは、インタビュー形式でストーリーが展開していく。

カジュアルなジャケットスタイルの衣装で撮影に臨んだ志尊は、プライベートでチョコレートを食べるときのエピソードも交えながら商品について熱く語った。

撮影中には、新品の「明治 ザ・チョコレート ベネズエラカカオ 70」を味わって「他のもあるんですよね?食べたいです!」と笑顔を見せる場面も。チョコレート好きの一面をのぞかせた。

田崎氏、平野氏、鎌田氏も、それぞれのスペシャリストならではの独自の視点から、新商品の魅力をたっぷりと語った。

■ 志尊淳のコメント

――志尊さん流のおうちでのチョコレートの楽しみ方を教えてください。

家でお酒を飲む時にチョコレートを一緒に食べたりしていますね。あとは朝ごはんを食べる時間がない時にもチョコレートを食べたりします。チョコレートってかんで食べたり、口の中で溶かして食べたりいろいろな楽しみ方がありますよね。

――CMの見どころを教えてください。

今までチョコレートを産地で選んだり、カカオで選んだりする機会があまりなかったのですが、今回産地の異なる4種類のチョコレートを食べて比べてみて、全然香りが違うし苦味も違って産地が変わるだけでこんなに変わるんだという発見がありました。

チョコレートの世界はもっともっと広いんだなと思いました。視野を広くチョコレートというものを捉えると楽しいし、自分の好みも見つかるので、皆さんにもぜひ意識してほしいです。

■ ソムリエ・田崎真也氏のコメント

――チョコレートを産地で選ぶことで、どんな新たなチョコレートの楽しみ方ができると思いますか?

ワインを産地で選ぶときは何に合わせるのか、どんなシーンにふさわしいかというように考えていきます。チョコレートも同じように何と食べるから、またどんなシーンで味わうからこれにしようと考えます。そのバリエーションを多く知っておくとさまざまなシーンに当てはめることができ、楽しいと思います。

――チョコレートの味や香りを楽しむ方法を教えてください。

ワインのテイスティングとは違って鼻に近づけたりはせず、口に含んでチョコレートが溶け出すときに段階的に出てくるさまざまな香りを意識して食べます。味わいだけでなくその香りを意識するとより楽しむことができると思いますよ。

■ フードエッセイスト・平野紗季子氏のコメント

――産地でチョコレートを選ぶことにどんな期待がありますか?

普通は甘いとか苦いとかフレーバーで選ぶことが多いと思うんですけど、産地で選ぶとなるとカカオそのものにフォーカスがいくのが魅力的ですよね。今後スタンダードになっていけばいいなと思います。

――今までさまざまなチョコレートに出合った平野さんがおすすめする「明治 ザ・チョコレート」の食べ方やシチュエーションがあれば教えてください。

このチョコレートは集中して味わいたいという感覚になるので、ひとりで文章を書いているときの息抜きで食べると味に没入できるのでおすすめです。

■ エシカルファッションプランナー・鎌田安里紗氏のコメント

――「明治 ザ・チョコレート」は、購入者だけでなく生産者のことも大切にしたチョコレートですが、生産者と一体となってモノづくりに励むことでどのようなメリットがあると思いますか?

まず、生産者と長期的な関係を築いているというのに驚きました。素材をただ買うだけでなく、関係性を大事にすることで、生産者もより良いモノを作りたいという気持ちになり工夫が生まれ、より良いモノづくりのきっかけになるんじゃないかなと思います。

――「明治 ザ・チョコレート」に期待することを教えてください。

産地にこだわったチョコレートを身近なスーパーやコンビニで買うことができるというのはすごく画期的だと思います。

消費者としてモノを買うときは背景まで思いを向けづらいですが、生産地にフォーカスされたチョコレートを買うことでチョコレートはカカオからできているんだなと考え、農園に思いをはせるきっかけになると思うので、モノづくりの裏側とか生産背景を楽しむきっかけになったらいいなと思います。(ザテレビジョン)