松岡茉優が主演を務める「おカネの切れ目が恋のはじまり」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系※最終話は15分拡大)の最終話が、10月6日(火)に放送となる。

本作は、2019年7月期金曜ドラマ「凪のお暇」の脚本を手掛けた大島里美による完全オリジナルラブコメディー。

松岡演じる、1円まで清く正しく美しく、“モノ”や“恋”に一途で、すべて計算通りの「清貧女」・九鬼玲子と、欲しいものには一直線でお金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な「浪費男」・猿渡慶太(三浦春馬)という金銭感覚が両極端な2人が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになる“おカネ修行”を通したひと夏の恋物語だ。

ドラマ内には、清貧女子、浪費男子をはじめ、自分に投資しすぎ女子、ドケチ節約男子など、金の使い方や人としても“ほころび”だらけの男女が登場し、価値観の違う相手に傷つき、傷つけながら、恋愛模様を繰り広げていく。

また、玲子が15年思い続ける初恋の相手・早乙女健役に三浦翔平、玲子と慶太が勤めるおもちゃメーカー「モンキーパス」で働く慶太の後輩・ドケチ節約男子の板垣純役には、北村匠海が出演している。

さらに、慶太の父で、おもちゃメーカー「モンキーパス」の社長・猿渡富彦役に草刈正雄、慶太の母・猿渡菜々子役にはキムラ緑子、民宿を営む玲子の母、九鬼サチとして南果歩が出演。

ほか、星蘭ひとみ、大友花恋、八木優希、アインシュタイン・稲田直樹と河井ゆずる、中村里帆、ファーストサマーウイカ、池田成志ら個性豊かな面々が登場する。

注目の最終話では――

玲子(松岡茉優)は、慶太(三浦春馬)からの突然のキスに動揺して、眠れない夜を過ごしていた。一方、慶太も動揺を隠しきれない。

そんな中、早乙女(三浦翔平)が、玲子の家を訪ねてくる。玲子にあることを伝えにきたのだ。さらに、純(北村匠海)も、玲子の家にやってくる。

目まぐるしく変わっていく状況の中、玲子は家であるものを発見する。それは、玲子が“清貧”になった過去に関わるものだった…。

翌日、玲子は、過去へのけじめをつけに、旅に出る。行き先は、玲子の父(石丸幹二)がいるかもしれない場所。

その旅路でいろいろな危機に直面し、旅の終わりで、玲子は慶太へのある気持ちに気付く。

――という物語が描かれる。

第3話終了後のSNSでは、「浮かれる玲子、驚く玲子、全部よき…」「2人の距離がどんどん近づいてる!」「慶太に痛いの痛いの飛んでけーってやってもらいたい!」「慶太のキスがかわいすぎる!」と、玲子の失恋により急激に縮まった玲子と慶太の距離に興奮する声が溢れた。

また、公式ホームページなどで見ることができる予告動画には、玲子が「突然私にキスをしたんです!」と、慶太に突然キスをされたことを告白する場面や、それぞれ自身の思いに向き合うシーン、慶太が眠れない夜を過ごす姿が登場し、「次が最終回なの寂しい…」「最後までしっかり見届けます!」「最後はみんなに幸せになって欲しい」と、最終回を惜しむ声が多く寄せられた。

「おカネの切れ目が恋のはじまり」最終話は、10月6日(火)夜10:00よりTBS系で放送。

毎週本編放送後には、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でオリジナルストーリー「恋の切れ目がおカネのはじまり?」を配信。

今作では、とある理由で将来の貯蓄に大きな不安を抱いている「恋よりお金」な自称「節約男子」の純が、失恋さえもお金にしながら、本当は素敵な恋がしたい…と願う、本編では描かれない葛藤や恋愛エピソードが描かれている。

第3話放送終了後のオリジナルストーリーでは、玲子への恋心を確信した純が、玲子を振り向かせるためにはお金を稼がなきゃいけない、でも、お金を稼ぐためには失恋をして配信をしなければいけないという矛盾に悩む。

また、第2話の本編で出会った純とまりあ(星蘭ひとみ)が再会するシーンや、第3話の本編後の早乙女と純が意外な場所で出会うシーンが登場し、本編をより一層楽しめる内容となっている。(ザテレビジョン)