綾野剛主演、北川景子共演の映画「ドクター・デスの遺産−BLACK FILE−」(11月13日[金]公開)の、新たな場面写真が公開された。

本作は、130人もの患者を安楽死させた実在の医師をモデルに描かれた、中山七里のクライム・サスペンス小説を実写化。検挙率No.1の犬養(綾野)と頭脳派No.1の高千穂(北川)の“警視庁捜査一課No.1コンビ”が、安楽死を手口とする連続殺人犯ドクター・デスに挑む。二人と同じ警視庁敏腕捜査チームとして、岡田健史、前野朋哉、青山美郷、石黒賢らが名を連ねる。

今回解禁されたカットは、犬養と高千穂が捜査終わりにいつも行く居酒屋でのシーン。焼き鳥を頬張る犬養と、髪をかきあげほろ酔いの高千穂を写し出しており、二人が本音や愚痴を語る場として描かれている。

北川は居酒屋でのシーンについて、「先輩後輩関係ない雰囲気を出したくて、この二人はこんな感じで長年相棒としてやってきたんだなという、二人の歴史が伝わったらいいなと思いました」と語り、刑事としての緊張感あふれる姿とは異なる、リラックスした姿を披露している。(ザテレビジョン)