9月30日(水)放送の2時間スペシャルで最終回となる、浜辺美波と横浜流星がW主演を務めるドラマ「私たちはどうかしている」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系※最終話は夜9:00-10:54)。今回、不気味な笑みを浮かべる今日子(観月ありさ)のシーン写真が、新たに公開された。

同ドラマは、安藤なつみによる同名漫画をドラマ化した作品。老舗和菓子店・光月庵を舞台に、和菓子職人の七桜(浜辺)と跡取り息子・椿(横浜)の恋愛模様を描く。

互いに初恋の相手だったが、とある事件を境に“容疑者の娘”と“被害者の息子”という立場となってしまった二人。しかしその15年後、七桜は素性を隠して椿と結婚し、母の無実を証明しようと決意する。

■ 意味ありげな笑みを浮かべる今日子

第7話で大旦那(佐野史郎)に自分の正体を明かし、両親が愛した光月庵で菓子を作りたいと、切なる願いを訴えた七桜。大旦那は七桜と椿に、12月31日の除夜祭の日、より美しく魂を震わす菓子を作ったものに光月庵を譲ると告げる。

そして、和菓子対決の行方とともに目が離せないのが、すべての因縁の発端となった当主殺害事件。 今回公開されたシーン写真には、女将・今日子がナイフとライターを手に、不気味な笑みを浮かべている姿が写し出されている。

18年前の事件現場に居合わせた今日子、献身的に七桜を支える多喜川(山崎育三郎)、妊娠したとうそをつくほどに椿への思いを募らす元婚約者・栞(岸井ゆきの)、その栞を見守る見習い職人・城島(高杉真宙)、多喜川の依頼で七桜の母を演じた夕子(須藤理彩)、今日子と浅からぬ仲の市議会議員・溝口(吉沢悠)。

最終話では、ついにすべての謎が明らかになる。

■ 最終話あらすじ

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。そんな祖父の思いに触れた椿(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での七桜(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。多喜川(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいというけなげな思いを察する。

しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。その弱気な姿を見て、多喜川は七桜を励ます。

その頃、椿に拒絶されて自己嫌悪に陥った栞(岸井ゆきの)は、城島(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのはうそだったことを告白する。

城島に親の愛を気付かされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜をまぶしく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人で「花がすみ」を訪れる。(ザテレビジョン)