10月2日(金)の「ミュージックステーション 3時間スペシャル」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)に出演するSuperMから、意気込みのコメントが到着。

SuperMは、SHINee、EXO、NCT127、WayVというアジアで最も人気のある4グループから選ばれたアーティストたちで構成されたグループ。前回、Mステ出演時に披露した「100」の圧倒的なパフォーマンスは大きな話題を呼び、ツイッターのトレンド上位を席巻した。

そんなK-POPのドリームチーム・SuperMは、新曲「One (Monster & Infinity)」を日本で初披露。

「一回踊るだけでも大変なくらい、本当に激しいダンス」と同曲の振り付けについて話すメンバーのテヨン。一方、テミンは「最後のルーカスのパートでとても早くて激しいダンスがあるのですが、メンバーのみんなここが一番の見どころだと思っていて、ルーカス含め、プレッシャーに負けずに頑張って練習したので注目して欲しいです」と呼びかけた。

前回のMステ出演後の反響は、メンバーにもあったようで「周りの方々がすごく格好よかったと言ってくれました」と話すベクヒョンは、「こんなにすぐまた呼んでいただけてうれしいです。今回の出演も、期待しているという言葉をたくさんかけてもらったので気合いを入れて頑張ります!」と意気込みを明かした。

テミンも「前回の出演で、ファンの皆さんが喜んでくれたことももちろんうれしいですけど、僕たちを新しく知っていただけた方々もたくさんいて、すごくうれしかったです」と喜びを語り、「今回の曲にもポジテイブなメッセージを込めているので、僕たちの歌とパフォーマンスで元気をもらって欲しいです!」とメッセージを寄せた。

■ SuperMがお気に入りの「恋うた」を発表

また、今回の3時間スペシャルでは「アラ恋ランキング」と題し、青春時代に刺さった「恋うた」を徹底調査し、ランキングにして発表。その企画に合わせ、SuperMのメンバーも、それぞれのお気に入りの日本の「恋うた」を明かす。

「歌詞がそのまま映像として描けるような感じ」とテミンが挙げたのは、いきものがかりの「Sakura」。テンは中島美嘉の「雪の華」を、そしてテヨンは「シティーポップにハマった時期にたくさん聴いていた」という久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」をお気に入りの曲として挙げた。

■ Mステ放送前後の生配信決定

さらに、番組の放送前後には、かまいたちがMCを務める生配信を行うことが決定。

番組内では見ることのできない、アーティストたちの本番前の意気込みや出演後の感想などを生配信ならではの企画を織り交ぜながら、じっくり掘り下げて配信する。

生配信には、上白石萌音・ウエンツ瑛士、日向坂46、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの3組が登場する。

■ 出演アーティスト(50音順)&楽曲紹介

AKB48:会いたかった、Everyday、カチューシャ

上白石萌音:ハッピーエンド

上白石萌音・ウエンツ瑛士:Trolls Wanna Have Good、TimesJust Sing

神はサイコロを振らない:夜永唄

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE:FEARS

Snow Man:KISSIN’ MY LIPS

SuperM:One (Monster & Infinity)

DA PUMP:Fantasista〜ファンタジスタ〜

日向坂46:アザトカワイイ

Hey! Say! JUMP:Your Song

松田聖子:風に向かう一輪の花

Wacci:別の人の彼女になったよ(ザテレビジョン)