9月30日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに二宮和也が登場。嵐の今後やプライベートなどについて明かした。

■ 嵐で収入が多いのは誰?

TOKIOからの質問に答える中で、ジャニーズ事務所入所から嵐の結成、仕事に恵まれなかった時代のことなどを振り返った二宮。そんな中、国分太一が現在の嵐について「誰が一番稼いでいるの?」と質問する。二宮は戸惑いも見せずに「僕の見立ては(櫻井)翔ちゃんか相葉(雅紀)くんですね」と即答。2人には個人でのレギュラー番組があり「CMも2社くらい多い」そう。城島茂が「そこまで(情報を)わかってるの?」と驚くと、二宮は「全部(情報は)入れてますから」と笑顔で答えていた。

松岡昌宏は、嵐が活動休止を予告している年末まであと3ヵ月と迫る中、メンバー同士で今後の話をしているのかと質問。二宮は「してない、全然」と言い、他のメンバーがどうしようとしているかも「知らない」という。

■ 活動休止後の嵐について語る

二宮自身も自分のことを「全然考えてない」と言い、コロナ禍のため「考えていたことが一個もできなくなっちゃった」と話す。予定していた中国・北京や国立競技場でのライブも延期となる中、メンバー内では「どんな形であれ(ライブは)やりたいね」という話をして、準備はしていることを明かす。

また活動休止後の嵐については「25年とか、30年のきっかけじゃなくて、25年のときに戻ったとしてしても、22年目としてやりたい」と、周年などの節目にはこだわらず、現在、活動21年目の続きから再開したい、という思いも告白。

長瀬智也も「元気にやっていればいつでもできるもんね」と同意。ただ二宮は「節目なんてものはあってないようなもの」と言いつつ、「お休みするまでは本当は求められていたものをやりたかった」と、計画していたものが叶わなかった無念さもにじませた。

■ 二宮和也の親友は?

さらに国分は二宮のプライベートな交友関係についても迫る。「一番仲がいい人って誰なの?この世の中で」とツッコむと、二宮はゲームを介して知り合った岩手在住の一般の仕事をする同い年の人だと明かす。オンライン上で知り合い、最初、相手は二宮だとは知らずに交流を深め、初めて実際に会ったときに明かしたのだという。

その際、数名の仲間と会ったのだが、その岩手に住む友人だけが、二宮への反応が薄く、芸能界に興味がないというのも友人関係が続く一端だと話す。今では「月一くらいでうちに泊まりに来る」と言い、長瀬は「そこから(そんなに)仲良くなっちゃうんだね」と驚き、松岡も「今の形の友達の形だよね」と感心していた。

SNSでは「パワーアップして絶対帰ってきて欲しい」「ニノの話を聞いて泣きそうになってる」などと嵐の今後の話についての反応や、「オフ会にニノ来たらビビるわ」など、二宮の驚きの交友関係へのコメントが多数寄せられた。

次回の「TOKIOカケル」は10月7日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに松本穂香、中村獅童が登場する。(ザテレビジョン)