後藤真希が9月30日に自身のYouTubeチャンネルを更新。同日に出演した「テレ東音楽祭2020秋〜思わず歌いたくなる!最強ヒットソング100連発〜」(テレビ東京系)の裏側を公開し、反響を呼んでいる。

同番組で後藤は、“AKB48のセンター”として、チェックの衣装に身を包み「会いたかった」「フライングゲット」「ヘビーローテーション」のスペシャルヒットメドレーをパフォーマンス。

この日投稿された動画では、その練習風景などが公開された。

後藤は、3曲の振り入れを3時間で行い「息が切れる」「頭と身体が別物みたい」と久しぶりのレッスンに本音が。

しかし、AKB48との合同練習では完璧なダンスを披露。「尊敬している伝説のアイドル」と向井地美音らメンバーからは熱い視線が向けられた。

また、二人での歌唱シーンがある柏木由紀に、後藤が突撃する場面も。緊張をみせることの少ない柏木だが、大ファンだという後藤の前ではたじたじだ。練習後には、「すごく貴重な経験なのでいっぱい吸収していいパフォーマンスができたら」と笑顔をみせた。

後藤も「センターにふさわしい感じになりたい」「頑張りたいです」と意気込みを語った。

動画はYouTube急上昇ランキング14位を獲得するなど(10月1日昼2時時点)大反響を呼び、ファンからは「ブランクを感じさせないダンス」「こんなに可愛い35歳知らない」「プロの顔になってくのすごい」など称賛の声が寄せられた。(ザテレビジョン)