宮沢氷魚が10月9日(金)発売の雑誌「MEN’S NON-NO 11月号」(集英社)にて、初表紙と巻頭カットを飾る。

俳優・モデルとして活躍を続ける宮沢が、若手の登竜門の一つであるメンズノンノの表紙デビューを飾り、人気、実力ともに同誌の顔となる。

宮沢は、メンズノンノの専属モデルを5年間務め、2019年に開催したファンイベントでは3万人を超える応募が殺到するなどの人気だが、同誌の表紙を飾るのは今回が初。

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)、「偽装不倫」(日本テレビ系)、映画「賭ケグルイ」などの話題作への出演が相次ぎ、渡辺謙とW主演を務めた舞台「ピサロ」や大鶴佐助との二人舞台「ボクの穴、彼の穴。The Enemy」など舞台でも活躍。

2021年公開の映画「騙し絵の牙」にも出演を控えるなど、俳優としての活躍が目覚ましいだけでなく、新型コロナウイルスによる自粛期間中には自ら彫った版画によるオリジナルデザインでのチャリティーTシャツ企画を実施するなど、その多才さにも注目が集まっている。(ザテレビジョン)