10月19日(月)スタート、Sexy Zone・菊池風磨主演ドラマ「バベル九朔」(毎週月曜夜0:59-1:29、日本テレビ系)より、菊池風磨、高地優吾の“現場2ショット”が到着した。

同ドラマは、万城目学の同名小説を原作に、設定やストーリーを大幅にアレンジ。全ての願いがかなう偽りの世界「バベル」へ巻き込まれた主人公・九朔満大(きゅうさく みつひろ)が、本来は存在してはならない「バベル」という世界を終わらせるために、全力で立ち向かう姿を描く。

菊池は、27歳になってもなお、脚本家の夢を諦めきれない、いわゆる自由人の主人公・九朔満大を演じる。

■ “10年来の仲”菊池&高地が、テンポよい掛け合いを見せる

8月某日、スタッフとキャストが合流し、「バベル九朔」準備期間がスタート。

菊池は、顔合わせの段階から監督スタッフと話し合い、満大のキャラクターを作り上げていった。

“心配事に直面するとお腹が痛くなる”という満大の特徴は、満大のキャラクターに等身大の人間らしさをプラスするために、菊池自身がスタッフと話して生まれたものだ。

一方、“10年来の仲”という高地との掛け合いでは、最初から心地いいテンポで会話が進み、監督やスタッフを驚かせるほど。

そして9月、ドラマがクランクイン。「満大と同じ新鮮な気持ちで、“バベル”の世界に巻き込まれていく役柄を演じて欲しい」というスタッフの思いから、菊池へ意図的に原作は読まずに撮影に臨んでほしいというオーダーも。

「自分は人見知り」と語る菊池。新しいチームでの撮影で、序盤は少し緊張感が漂う様子だったが、菊池からもコミュニケーションをとり、数日も経つと撮影の合間に、ある種冒険のバディでもある“白い服の少女”役の川上凛子ちゃんとなぞなぞを出しあったり、年の差を感じさせない笑顔で盛り上がっていた。

さらに、原作者である万城目学が、実際の雑居ビルでの撮影を見学に訪れ、菊池と、つかの間の交流を楽しんでいた。

■ 菊池風磨コメント「(高地との)信頼関係が、画面から伝われば」

撮影しながら、ようやく主演の実感が湧いてきています。高地と共演と聞いて、嬉しい反面、照れくさくてやりにくいかな?とも思ったんですよね。でも蓋を開けたら、そんなことなくて。お互いの信頼関係もあったりするので、それが画面から伝わればと思っています。

たくさん共演者の方がいらっしゃる現場で、当然お芝居中は集中していますが、カットがかかった時とか、ちょっとした空き時間は和気あいあいとした雰囲気で撮影が進んでいます。なんて言ったって、久々の共演者さんがいらっしゃる現場ですから!

冒険、謎解きの要素もありつつ、ヒューマンドラマの一面もあるので、ナチュラルに演じるように心がけています。いい作品にしようと一生懸命やっておりますので、最後まで見届けてください。

■ 高地優吾コメント「もう普段の俺と風磨だなって」

最初は緊張してましたけど、1シーン、2シーン演じたら、もう普段の俺と風磨だなって思えました。

クランクインの日に、変更されたセリフが僕の手元に届かないっていうことがあって。現場に慣れていないのにどうしようという感じだったんですけど、風磨と一緒だったから乗り越えられたのかなと。

あれで俺一人だったらと思うと...(笑)映像作品のお芝居は経験が少ないので、とにかくガムシャラにやっています。不思議な世界を想像しながらのお芝居で難しさもありますが、満大のテンションにもちょっと“風磨らしいな”ってところが垣間見れたり、親友同士で感情をぶつけ合うシーンは、自分の想いで素直に演じることができたので、手応えも感じています。

ベテランの俳優さんにも囲まれて、まだまだ勉強させてもらうことばかりですが、早く完成した映像を観るのが楽しみです!

■ 原作者・万城目学コメント

築四十年を超えているであろう古い雑居ビルに足を踏み入れたら、そこには本物の「バベル九朔」の世界がありました。セットではない、実在のビルを撮影に使うことで醸し出される渋みと味わい。

張り詰めた空気漂う部屋では、バベル九朔のテナントの面々、そして若き管理人が真剣に(物語上の問題を)話し合っていました。

あの一筋縄ではいかない小説が、こうして目の前にかたちとなって現れたことに感激しながら、クーラーがないリアル雑居ビルの蒸し暑い一室でモニターを見つめました。

はじめてお会いしたのに、何だかはじめての気がしなかった菊池風磨氏をはじめ、一クセも二クセもあるキャストのみなさんの手によって、どのような奇妙かつ奇々怪々な物語が生み出されるのか、今からワクワクしながら待っています。

※記事内、高地優吾の「高」は「はしご高」(ザテレビジョン)