上白石萌音が、10月2日放送の「ミュージックステーション 3時間スペシャル」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)に出演。「ハッピーエンド」を歌ったほか、ウエンツ瑛士とともに自身が日本語吹き替えの声優を務めたミュージカルアニメ映画「トロールズ ミュージック★パワー」劇中歌「Trolls Wanna Have Good Times Just Sing」をはじめとしたスペシャルメドレーを披露し話題だ。番組には、同映画で同じく吹き替えを務めたミキも登場しスタジオを盛り上げた。

司会のタモリに「昴生はウエンツに言いたいことがあるんだって」と振られた昴生は歌の中で、上白石とウエンツが見つめあって歌う箇所があると言い、「見つめあわんといてくれる?みんなの萌音やねんか。俺だけの萌音やみたいな感じで見るから…」とこぼした。演技を学ぶためロンドンに留学していたウエンツは「ロンドン帰りだとやっぱ見たいんですよ(笑)」と答え笑いを誘った。

亜生は「冗談抜きでお兄ちゃん、萌音ちゃんのこと愛しすぎてて…」と重ね、昴生は「冗談でええやろ!」とツッコミ。上白石もそこに乗っかり両手を合わせ可愛らしく謝る仕草をしたため、昴生はそこにも「ごめんなさいやないのよ!」とツッコんでいた。(ザテレビジョン)