福士蒼汰演じる黒沢兵悟が、兵庫県警に秘密裏に結成された潜入捜査官チーム(通称・D班)の一員として犯罪組織に潜入し、特殊な捜査で情報や証拠をつかみに行くノンストップサスペンス「DIVER‐特殊潜入班‐」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第4話が10月13日(火)に放送。5話完結の本作が、最終章に突入する。

D班は、“最強で最凶の潜入捜査官”と言われる兵悟のほか、元自衛官の佐根村将(野村周平)や、ホワイトハッカー・宮永壮一(浜野謙太)、闇医者・皆本麗子(片瀬那奈)、そして、兵庫県警組織犯罪対策課も兼ねるD班の班長・伊達直哉(安藤政信)で構成されている。予想できない彼らの行動など、物語のスリリングな展開が見どころの一つだ。

各局で放送されているドラマやバラエティーなどを事前に視聴し、オリジナルレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト ザテレビジョン流「試写室」。

今回は、「DIVER‐特殊潜入班‐」の第4話を取り上げる。

■ 第4話あらすじ

数週間後に日米安全保障会議を控えたある夜、神戸の百貨店の前で爆発事件が発生。爆発物から微量の化学物質が検出されたことから、阿久津(りょう)はテロの可能性を考えるが、大事な会議を前に警察の威信を守りたい警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)は、阿久津に事実の隠蔽(いんぺい)を指示。さらに、日米安全保障会議で厳重に警備をするようにくぎを刺す。

阿久津は、警視庁から届いたテロに関する資料を伊達(安藤政信)に渡し、D班に潜入捜査を命じる。資料には、元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)という男の情報が記されていた。渡辺は外務省を辞めた後、化学物質の輸入や輸出を行う「リトレイド貿易」という会社を立ち上げ、最近では、猛毒の神経ガスの原料を不正輸入しようと画策している様子が。また渡辺がサンフランシスコ領事館に勤めていた際、現外務大臣に辞任に追い込まれた苦い過去があるため、国際会議の場でテロを起こす動機も十分だった。

爆発事件の犯人が渡辺に接触する可能性があることから、兵悟(福士蒼汰)と将(野村周平)は早速リトレイド貿易に潜入し、渡辺の動向を探る。

■ D班の捜査は危険度を増す

第4話では、D班に途中加入し、捜査のためには法を犯すこともいとわない兵悟(福士)の行動に初めはとまどっていた将(野村)が活躍。爆発物に使用された成分を聞いて、元自衛官ならではの知識を基に推理を披露したり、自ら潜入捜査を希望したり、冒頭からD班になじんできた様子を見せる。

早速、兵悟と将は、爆破テロへの関与が疑われる「リトレイド貿易」に社員として潜り込む。そして、隙を見て社長室にカメラや盗聴器を付けるのだが、なぜか兵悟は焦らないし、急がない。さまざまな犯罪に手を染めてきただけのことがある“最強の捜査官”とはいえ、肝が据わり過ぎていて驚く。

今回の兵悟にいたっては、のんびりと監視カメラの先にいる宮永(浜野)をイジり、いつの間にか、見てる者の緊張感を和らげる、クスっとしてしまうやりとりを始める。一息つけるシーンではあったが、案の定、そんな兵悟と将をピンチが襲う…。兵悟の行動が招いたある出来事にハラハラさせられ、「取り付けが終わったらさっさと出ろ…」という伊達(安藤)と宮永のせりふに深くうなずいてしまった。

さらにこのシーンでは、将の方に特に危険が迫るのだが、今までの兵悟だったら「自力でどうにかしろ」と、彼を見捨てていたかもしれない。しかし、ここでは仲間を救うために冷静な対応を見せ、兵悟の心境の変化が感じられた。第3話でも予兆はあったが、兵悟と将がピンチを通してやっと本当のバディらしくなってきたとわくわくした。

一方、皆本(片瀬)はというと、加勢するべくまさかの作戦を実施。ただの闇医者ではなさそうな、彼女の経歴が気になるところ…。そうしてD班は、「こんなことがバレたらクビだろうな」と伊達が語るほど、今まで以上に危険な捜査を展開していく。

最終回に向け加速する第4話。事件の真相だけでなく、兵悟の過去や、県警本部長の阿久津(りょう)がD班を組織した理由など、さまざまなことが同時に少しずつ明らかになる。(ザテレビジョン・文=M)