10月4日、SKE48の12周年記念配信イベント「SKE48 12th Anniversary Fes 2020 〜12公演一挙披露祭〜」の2日目がAichi Sky Expoで開催され、「僕の太陽」「手をつなぎながら」「逆上がり」「青春ガールズ」「RESET」の5公演が上演された。

同イベントは、10月5日(月)に劇場デビュー12周年を迎えるSKE48が、その年数にちなんで過去に行った12公演を、3日間計30時間以上をかけて披露するという企画。

2日目の1公演目は「僕の太陽」。AKB48在籍時に大場チーム4公演の「僕の太陽」に出ていた大場美奈と山内鈴蘭が出演し、松本慈子、荒井優希、惣田紗莉渚、福士奈央のSKE48“ドラフト1期生”が一堂に会することで、出演メンバー発表時からファンの注目を集めていた。

同公演は朝9時からの上演だったが、“太陽”を冠するその公演名にふさわしく、1曲目の「Dreamin’ girls」からMC前の4曲目「ビバ!ハリケーン」で、目の覚めるような躍動感あふれるパフォーマンスを披露。

セットリスト後半は「デジャビュ」など雰囲気の違う楽曲で、ただ明るくて元気なだけの公演ではないという幅の広さを見せると、アンコール最後2曲の「BINGO!」「僕の太陽」も全力で踊り切り、メンバーの楽しさが配信視聴者らにも伝わるような素晴らしいパフォーマンスで、2日目トップバッターの務めを終えた。

続くSKE48初のオリジナル公演「手をつなぎながら」には、最後の1期生・松井珠理奈が登場。ユニット曲は谷真理佳、菅原茉椰と共に「雨のピアニスト」を歌い、11歳で加入した松井が、別れを切り出された女性の心情を表現した。

2日目の折り返し、3公演目となったのは「逆上がり」で、末永桜花は尊敬する先輩・柴田阿弥(卒業生)が当時歌っていた「わがままな流れ星」を水野愛理とパフォーマンス。最後は全員でAKB48グループ指折りの感動曲「To be continued.」を歌い上げた。

4公演目は「青春ガールズ」。今回の上演には10期研究生11人が全員出演し、研究生らしいフレッシュさだけでなく、大人っぽい一面も求められる同公演でパフォーマンスを披露した。

そして、2日目最後の公演「RESET」は、当時のチームSに在籍していた江籠裕奈、斉藤真木子と、現在のチームSメンバーを中心とした16人で上演。ユニット曲「制服レジスタンス」では、斉藤、山内鈴蘭、都築里佳のダンス巧者3人がそれぞれの持ち味をいかんなく発揮した一方、杉山愛佳、野島樺乃、荒野姫楓は「心の端のソファー」で安定した歌声を披露してみせた。

また、終演後には囲み取材が行われ、斉藤、大場、江籠が終演直後の気持ちを明かした。

■ 斉藤真木子、大場美奈、江籠裕奈 囲み取材

――初日、2日目と終えた今の心境はいかがですか?

大場美奈:ファンの方たちには結構大変なイベントだなって思われていたと思うんですけど、SKE48としては、昨日今日のステージを見てもらえれば分かるように、本当に先輩後輩の絆が深くなりました。

チームを超えて公演をするということが、「手をつなぎながら」公演とかはあったけど、今まであまりなくて、あっても志願者しかできなかったから。

今回は志願とか関係なくメンバーをミックスしたので、いろんなメンバーとまんべんなく接して、先輩は後輩たちに教えられることをしっかり教えられたし、後輩たちは普段なかなか先輩に話に行きづらい子たちも教えてもらいに行って、それが仲良くなるきっかけになったりして、それぞれにとって機会になりました。

斉藤真木子:“決められたメンバーでこの公演を○日にやってください”って言われて、それに向かって一生懸命やる過程が、自分たちのためになったなって感じました。やっぱり研究生じゃないと公演を新しく覚えたり、何ポジションもこなしたりというのはなかなかないので、そういう点では初心に返った気持ちです。

“自粛期間”が明けてメンバーと久しぶりに会えたり、一緒にレッスン場でレッスンしたり、そういう今日までの過程がSKEをとても大きくしてくれたと思います。だからこそ、終わっちゃって寂しいって泣きだしたり、もっとやりたかったって言うメンバーがいたりして。

普通は公演って初日を迎えて、何カ月かやって、千秋楽を迎えてっていうものなのに、今回はこれが最初で最後というのが、今までになかった貴重なことだと思います。

江籠:16人でやる公演がものすごく久しぶりだったんですけど、「当たり前だったものが少しずつ戻ってきているな」って感じられてうれしかったです。

私は「会いたかった」公演を9期と10期の研究生と一緒にやらせてもらったんですけど、後輩のことを育てるというか、ちゃんと気に掛けるっていうことが今回の期間で、今までやっていなかったわけじゃないけど、さらに身に付いたというか。真木子さんと一緒にいる期間も長かったので学ぶことも多かったし、それこそ昔は教えてもらう立場だったので「先輩になったんだな」っていうこともすごく感じました。

SKEを昔から知っているファンの方にも懐かしんでもらえたと思うし、私たちも楽しかったし、今回新しく公演を覚えたメンバーがまたこうやって公演をリバイバルするときに、「あのとき楽しかったよね」って思い出になる公演になったなって、終わった後の達成感に満ちたみんなを見て思いました。

――では、今日行った公演でグッときたところはありますか? 大場さんはぜひ“前座ガールズ”のことをお話いただければと思うのですが。

斉藤:やりたかったの?

大場:全然志願はしてなくて、「やってくれませんか?」と相談を持ち掛けられました。本来は研究生の見せ場なんですけど、12周年ということもあったので、インパクトとかを重要視してスタッフさんが用意した“仕掛け”だと思います。

実際やったことがあったし、研究生の子数人と舞台に立つことはなかなかないので、せっかくだからやってみようと思ったんですけど、いざ舞台に立ってみたら急な罪悪感にさいなまれました。

抽選に当たった30人のファンの方が会場にいるじゃないですか。あの方たちがペンライトを私のメンバーカラーにしてくれたんですよ。水色にめっちゃ変わってて、それに急な罪悪感があって。

斉藤、江籠:(笑)。

大場:私、今回の前座の「檸檬の年頃」は目立たないように、絶対に出オチだから目立たずになじんでおけばいいかなって思ってたんです。ただでさえ、周りの子たちと年が違うから目立っちゃうと思ってたんですけど、優しいファンの方々が寄り添ってくれるのが、逆にすごいつらくて(苦笑)。

最後に「『RESET』公演始まります」って客席の方に手を振るんですけど、1サビ前くらいからもう罪悪感がすごくて。「私何でここに出ちゃったんだろう」みたいな。「この一枠を(研究生に)あげればよかった」って思って、最後逃げるように走ったらタイミングを間違えて、他の子がしゃべってる間にはけちゃいました。

すごく新鮮だったし、10期生の子と仲良くなれたのはうれしかったんですよ。でも何か「半分ごめん、半分ありがとう」、そんな気持ちでした。

斉藤:「RESET」公演は、前日に(「RESET」公演をベースにした)「0start」公演があったってことが私たちの中で一番大きくて。そういうところでもっと自分たちのパフォーマンスだったり、気持ちは乗せようねって話をみんなでしました。

あと、今回は山内鈴蘭ちゃんがAKBのときに「RESET」公演をやっていたという経験もあって、SKEとしては今回初めてなんですけど、私たちが知らなかった振り付けの意図を詳しく教えてくれたりして。

当時も振り付けの先生は来てくださっていたんですけど、振りのVTRを見て、自分たちで読み取ってパフォーマンスしていたので、それが5、6年たってまたアップデートされたような感じがしましたね。

チームSのメンバーが多かったってことはもちろんあるんですけど、若いメンバーが多くて、フレッシュで勢いがあったので、前に立っていて後ろからひしひしと感じるパワーみたいなものがすごくて、私がやった3公演の中で一番疲労感もあってしんどいときのはずなのに、一番沸きました。楽しかったです。

江籠:「RESET」公演は私がチームSに昇格して初めての公演だったんですよ。中学生の時にやっていた公演で、チームKIIになってから「0start」公演で同じ楽曲をやっていたりはしたんですけど、今回は当時お姉さんたちと一緒にやっていた「明日のためにキスを」を、ポジションも変わらず本当に久しぶりにやらせてもらいました。

やっと自分が曲に合う年齢になったなって思いつつ、周りはもう若い子たちばかりだったので、時の流れを感じながらやらせてもらったんですけど(笑)。

さっき真木子さんが言っていたみたいに、後輩の頑張りを後ろに感じながら、横にいる真木子さんには「やってやるぜ!」って思いながら(笑)、真木子さんと「RESET」公演をやるのは久しぶりでしたけど、“私、こんなにできるんだぞ”っていうところを見せられたかなって思います。

――先ほど後輩との仲が深まったというお話がありましたが、何か具体的なエピソードがありましたらお願いします。

大場:私は「僕の太陽」公演に出ていた9期生の4人(入内嶋涼、川嶋美晴、中坂美祐、藤本冬香)ですね。9期生でも“カミングフレーバー”に入ってる子とかは、お仕事で会うこととかもあるんですけど、中坂ちゃんとか研究生の子たちって劇場公演のお仕事がメインなので、なかなか接することがなかったんです。

みんなそれぞれVTRを見て“振り起こし”をして、レッスンで先生に聞けるときまで待っていたりするんですけど、レッスン場で見かけてきっと困ってるだろうなって思ったんで、ちょっと話し掛けてみたんですよね。

そうしたら、それを機にいろいろと聞いてきてくれるようになって、コミュニケーションも取れるようになりました。

今日の公演が終わった後も、緊張が解けてすっきりしたのか「楽しかったです」ってめっちゃ言ってくれたし、今までは「ニックネームが近くて」とか話したいこともあったけど、遠かったっていうことを聞いて。

斉藤:“みはるん”だ(笑)。(※大場のニックネームが“みなるん”で、川島が“みはるん”)

大場:やっぱり後輩は後輩で思ってくれていることがあるけど、それって後輩からは言いづらいし、私たちもそう思っているのが分からないから聞くこともできないので、本当に今回は思ってくれていたこととかを知ることができてうれしかったです。

斉藤:私は「会いたかった」公演に出てくれた、9期研究生はもちろんなんですけど、10期研究生ですね。

(静岡・)エコパアリーナでのお披露目以降、10期研究生の活動って私たちが普通に活動してきたことが、コロナの影響でなかなかできなかった期間があったので、そのブランクが彼女たちをいい意味で追い込んだなっていうのはありました。

だからこそ、ずっと怯えられていたって言ったらあれですけど(笑)、遠い存在だと思われていたところもあったんです。けど、距離感を保ちつつ、どうやってみんなを引っ張っていけるか、それはそれで私は必要だなって思っていて。

みんな口をそろえて「将来この公演をやって良かったって思いたい」とか「ファンの皆さんになかなか会えないから、できるところを見せたい」って言ってたんです。それを一緒にかなえられるように私たちも頑張ろうって思いましたね。

だから別に連絡先を交換したわけでも、毎回一緒に写真を撮っていたわけでもないけど、心の距離が二歩三歩くらいは近付いたなっていうのは思います。

江籠:私もやっぱり研究生の子たちですかね。最近は今まで通りの公演ができない状況なので、一緒にステージに立つ機会がなかったので、レッスンの時からちゃんと向き合うことができたのがすごく大きかったと思っています。

2人も言っていたみたいに、心の距離が縮まって話し掛けてくれるようになったというか、「先輩だし、話し掛けていいのかな?」って思われていたのが、気さくに声を掛けてくれるようになったのがすごくうれしかったし、今回一緒に出ていない公演をモニターとかで見ていても、親目線で見ちゃうみたいなことがあったり。

レッスン中に間違えて「先生!」って呼ばれたり(笑)、そういう仲になれたことがうれしかったですね。(ザテレビジョン)