フジテレビ系では、10月8日(木)に特番バラエティー「お笑い脱出ゲーム」(夜11:00‐0:00)を放送。ある屋敷に閉じ込められた8人の芸能人が、屋敷からの脱出を目指して“お笑いテスト”に挑戦する。

テストに挑む8名のプレーヤーは、気象予報士の天達武史、お笑い芸人の飯尾和樹 (ずん)、岡部大 (ハナコ)、柴田英嗣 (アンタッチャブル)、中岡創一 (ロッチ)、西田幸治 (笑い飯)、長谷川忍 (シソンヌ)、そしてアイドルの渋谷凪咲 (NMB48)、という顔ぶれ。都内某所の屋敷に集められた彼らが、4つの関門で出題されるお笑いテストを受験し、クリアした者だけがこの屋敷から脱出できる、というルールの過酷なゲームに立ち向かう。ジャッジはMC(主催者)のバカリズム、山崎弘也 (アンタッチャブル)、志田未来が務め、3人全員が“おもしろい”と10点満点を出すことがクリアの条件となる。

番組のオープニングでは、屋敷のドアの前に立った8人の前に、さっそく第1問が書かれた立て看板が。このドアは顔認証で開くシステムで、お題に合わせたおもしろい顔をして、一人でも認証されたら開くという。かくして、「テレビを見ていたらドラフト会議に自分の名前が挙がっていた時の顔」「エレベーターに乗ったら綾瀬はるかと二人きりになった時の顔」などのお題が出され、各プレーヤーは仲間とともに屋敷の中に入るべく“顔芸”にチャレンジしていく。

続いて客間に通された8人への問題は、「有名人の顔に部首や送りがなをつけて新しい漢字を作って読む」。例えば「前澤友作さんに“かねへん”をつけて送りがなに“る”をつけて『くばる』」など。さかなクン、フワちゃん、デヴィ夫人といった、さまざまな人物の顔が登場し、8人は新しい漢字作りに挑んでいく。「志田さんのジャッジが厳しい!」との声が上がる中、天達にまさかのハプニングが起こる一幕も。

次の問題は食堂に移動し、「○○がカッコつける時に言いそうなことを言ってみて!」。名前を呼ばれた者がテーブルに着席すると、志田が“○○”に言葉が入った問題文を読み上げる。“○○”の中に入る人物は、宇宙人や足つぼマッサージ師、お笑い芸人など。一瞬のひらめきで答えていく8人に対し、主催者の3人は爆笑しながらも「おもしろいんだけど…カッコつけてはいないから!」と厳しい採点を下す。

そして最終問題は、「ニュース速報の原稿を差し込んでみて!」。キャスター役のフリーアナウンサー・中田有紀が真剣にニュース原稿を読んでいる最中に、おもしろい原稿を差し込んでいくというこの問題には、主催者の志田も挑戦する。

■ 天達武史コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

天達武史:まず「なんで自分にこういうお話が来たんだろう?」って(笑)。でもお話を聞いて、全くお笑いに関係のない僕みたいな人が参加しているほうが、次にお笑い芸人ではない人も参加しやすいんじゃないかと。いつもお笑いをやられている方を間近で見られたのは楽しかったですね。

――問題は難しかったですか?

天達:漢字の問題では、全く何を書いたらいいのか分からなくなってしまって。ハプニングまで起きてしまったのですが、でもすごく楽しかったです。

――主催者の採点はいかがでしたか?

天達:0点をもらったときは、本当にテストで0点を取ったみたいな気分になりました。でも、たぶん僕に対しては、“素人”っていう目で見てくださったようで…優しさを感じました。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

天達:今、クイズ番組はたくさんあると思うんですけれど、この番組は全然違いますね。新しいタイプの…何と言えばいいのか、見るまで分からないドキドキ感があって。皆さん、家族で楽しんでいただけたらと思います。

■ 飯尾和樹 (ずん) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

飯尾和樹:今年は夏休みも旅行に行けなかったので、アドベンチャー気分で今日は来ました(笑)。風情あるお屋敷の中で、本当に冒険でしたよ! 今日はちょっと早めに寝ると思います(笑)。

――問題は難しかったですか?

飯尾:ああいうのが(勉強やテストが)イヤで芸人になったところがあるんですが、今回やってみて、こういうふうにやれば勉強が好きになるんじゃないかな、と思いましたね。

――主催者の採点はいかがでしたか?

飯尾:バカリズムさんと山崎(弘也)さん、そして志田(未来)さんの世代のギャップというか…志田さんは10点なんですけれど、2人は7点だったり、逆に2人は10点なんだけれど志田さんは1点だったり。知らないとピンと来ないから、その辺りは勉強になりましたね。各世代が見えておもしろかったです。3人が満点だったときは、僕もそうですが、みんな快感だったんじゃないでしょうか。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

飯尾:渋谷(凪咲)さんは、飛距離が違いましたね、大リーグ級ですよ!(笑) 皆さんもアドベンチャー気分で見てもらえたらと思います!

■ 岡部大 (ハナコ) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

岡部大:企画のお話をいただいたときに「“ゴリゴリのお笑い”だなぁ」と思ったんですけど、打ち合わせのときに「和気あいあいといきましょう!」と言われて。でも実際今日来てみたら、“ゴリゴリのお笑い”でした(笑)。めちゃくちゃ追い込まれて、めちゃくちゃ汗をかきましたが、楽しかったですね。

――問題は難しかったですか?

岡部:顔芸とか、クイズとは違う要素もあって。追い込まれるときもあったので、今まで使っていない脳みそをいっぱい使いました。プレッシャーは感じませんでしたが、始まった時点でインナーがびちょびちょでした(笑)。

――主催者の採点はいかがでしたか?

岡部:バカリズムさんと山崎(弘也)さんは、お題に沿ってちゃんと答えれば、点をくれる感じが途中で分かったのですが、志田(未来)さんは、最後まで好みが分からなかったですね。何がハマって何がハマらないのか分からないまま終わってしまいました。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

岡部:MCも出演者も撮影場所も、本当に豪華だと思います。もっといい時間帯で放送してほしいと思うくらい、見応えがあると思います。

■ 柴田英嗣 (アンタッチャブル) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

柴田英嗣:芸人は人を笑わせてナンボですから、この企画の話を聞いたとき、「最高の企画が来た!」と思いました。実際出てみて、やっぱり楽しいなと。できることなら毎日でもやりたいくらいです。

――主催者の採点はいかがでしたか?

柴田:主催者はなんといってもお笑い偏差値の高い二人ですからね。あそこで合格点取れるというのは相当な自信になりますよね。志田さんは、お笑い芸人ではない感覚を持っていらっしゃると思うので、10点もらうとすごく自信になりました。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

柴田:リーダーとしての僕のオープニングは必見です!

■ 渋谷凪咲 (NMB48) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

渋谷凪咲:企画を聞いたときはびっくりして。「こんな一流のお笑い芸人の中に私が入っていいんだろうか?」とすごく悩んで緊張していたんですけれど、呼んでいただいたからには頑張ろうと思って、NMB48を背負って挑みました。

――問題は難しかったですか?

渋谷:食堂でのお題がすごく難しくて。でも、とても楽しかったです。

――主催者の採点はいかがでしたか?

渋谷:0点が出たときは現実を見せつけられました。「“アイドルだから”とか関係なく、本当にちゃんとやらなきゃ」と気持ちが引き締まりました。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

渋谷:老若男女みんなが楽しめるような番組だと思います。「新しい伝説の始まりだな」って思うくらいおもしろい番組だと思います!

■ 中岡創一 (ロッチ) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

中岡創一:こういう企画に興味があったので、トライできてよかったです。バカリズムさん、山崎(弘也)さん、志田未来さんが見守ってくださっていたので、思い切ってぶつかっていったんですが…どうだったでしょうか?

――問題は難しかったですか?

中岡:こういうことがやりたくてこの世界に入ったのに、こういうことが嫌いになりそうな感じで(笑)。(別場所で採点している)MCの3人の反応がなかなか分からなくて、そこが視聴者の方から見たらギャップがあっておもしろいんじゃないかなと思います。

――主催者の採点はいかがでしたか?

中岡:バカリズムさんと山崎さんはストレートにはジャッジしないと思っていましたし、志田さんも、意外とそう簡単には点をくれなくて。「あれ、おもしろいこと言ったんだけどな?」と思っても、3人とも0点だったりして、なかなか難しかったです。お客さんに向けてではなく、主催者がおもしろいと思わないと正解にならないのが過酷でしたね。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

中岡:解答のおもしろさと人間模様のおもしろさとがあったので、ぜひ、どちらも楽しんでいただけたらと思います。

■ 西田幸治 (笑い飯) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

西田幸治:ここで(収録を)やるっていうことだけを聞いていて、学習塾かと思って(笑)。とても立派なところで、到着してからずっと萎縮していました。終わる頃にやっと慣れてきて、楽しくなってきました。

――問題は難しかったですか?

西田:自分が作った原稿を中田有紀さんという本物のアナウンサーさんが読んでくれることなんて普段ないので、すごくうれしかったですね。即席でうまく読むことができる技術ってすごいなって感動しました。

――主催者の採点はいかがでしたか?

西田:渋谷凪咲さんや天達(武史)さんのことも、“お笑い芸人”として審査しているんだなって。これはもうガチだなと。渋谷さんは、腕あるなぁと思いましたね。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

西田:全員が首をかしげているコーナーがあったんですけど(笑)、これは自分もオンエアを見てみないとどうなっているのか分からないので、楽しみにしています。あれは不安でした!

■ 長谷川忍 (シソンヌ) コメント

――今回の企画を聞いたときの感想、収録を終えての感想は?

長谷川忍:自分でも久しぶりに、腕が鳴る感じの企画だなと思いました。2日も3日も前から気持ちを作っていましたし、オンエアを見ていただければ、いいところしか出ていないと思います!(笑)

――問題は難しかったですか?

長谷川:お笑いの勉強もそうですが、自分は漢字の勉強もしなきゃいけなかったのかなって思いました。そういう意味では、視聴者の皆さんも勉強になるんじゃないかなと思います。

――主催者の採点はいかがでしたか?

長谷川:本当に全く隔離されていたので、笑い声も聞こえなければリアクションも分からない。得点しか分からないので、いろいろ考えてしまって、多分5回以上は引きつった顔をしてしまったと思います。そこがまたガチでやっている良さだとは思いますが。プレーヤー側はすごく緊張感が漂ってましたが、主催者側はたぶん、盛り上がってくれていたんだろうと信じています。志田未来さんのリアクションもオンエアを楽しみにしています。

――視聴者の方へ向けて、見どころを教えてください。

長谷川:全て出し切ったとはいえ、収録が終わった今も、「最初の“顔認証”に巻き戻しても、もっとやれたのでは?」と思うくらい、まだまだやれたのでは、という感覚です。芸人が思いっきりぶつかっていける企画で、そのヒリヒリ具合と主催者の採点の落差も楽しんでいただけたらうれしいなと思います。(ザテレビジョン)