嵐の大野智、櫻井翔がJALグループの安全・安心の取り組みを紹介するWEB動画が10月7日、JAL公式YouTubeで公開された。同動画は2人がJALでの取り組みを紹介しながらこれからの新しい旅のスタイルを提案していくというもの。

■ 真剣な表情で説明を受ける2人

撮影現場となった羽田空港のJAL格納庫・オフィスを訪れた大野と櫻井。実際の機体の中で整備士から機内の空気循環の説明や消毒作業などの実演を受け、時折うなずきながら真剣な表情で聞いている様子。

櫻井は、機内で自分たちができる事として「なるべく手荷物を少なくすれば、(接触機会が減少する為)感染リスクを下げる事ができるんですね」と納得。

続いて客室オフィス内へやってきた2人はCAのミーティングに参加し、利用者とのコミュニケーションで工夫している事や心構えを学ぶ。大野は機内サービス用のビニール製のガウンを試着し、「自分も守られている感じがするし、お客さんも安全も守られるだろうな」とコメント。

■ 大野「なんでこんなところにアマビエが…?」

非接触でお客様対応ができる「JETくん」や「非接触端末」を体験した2人は、続いて機体のお腹部分にアマビエがペイントされた「アマビエJET」を見学。大野は「なんでこんなところにアマビエが…?」と不思議そうな様子を見せる。コロナ収束への願いと空を見上げた時に少しでも笑顔を届けたいというJAL社員の思いを聞いて、「みんなが前向きになれるといいですね」と櫻井。

最後は機内を再現した訓練施設を訪れ、今年入社した新入社員の訓練風景を見学した2人。「こうやってスキルが引き継がれていくんですね。早く実際の飛行機デビューができるといいですね!」とエールを送った。(ザテレビジョン)