10月7日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、松本穂香と中村獅童が登場。二人の知られざるプライベートにTOKIOが迫る。収録後、松本は「他の番組では話したことがないことも、TOKIOさんに引き出されてしまった」、中村は「すべてを出し切った」と語るように、意外な素顔が明らかになる。

男子が女子からされたら“俺のこと好きかも”と思い込んでしまう行動を、刑事を装ったTOKIOと中村が選び、“好きアピール=クロ”か“意識していない=シロ”の“シロクロ判定”を、女性刑事を装った松本に判定してもらう企画「完全に好きアピ警察24時」。

国分太一が「恋をすると分かりやすい方ですか?」と尋ねると、松本は「好きになったら分かりやすい。周りにすぐバレてしまう」と照れ笑い。

まず、長瀬智也が「“読み終わったら貸してください”と言ってくる女子は“クロ”。連絡先も交換することになるわけだし」と主張するが、「恋愛以外でのつながりを求めている場合もある」と冷静に“シロ”判定。

そんな松本が、ドキドキの学生時代の恋愛エピソードを披露し、男性陣は盛り上がる。松本は、誰もが一度はやったことがある共感できるエピソードを語る。

■ 中村獅童は自らの経験を判定してもらうことに

一方、中村については、舞台「江戸は燃えているか」(2018年)で共演歴があり、プライベートでも交流のある松岡昌宏が「思い込みが激しい」と明かす。そんな中村は、「自分で用意してきました」と女子の“クロ”行動カードを披露。

この企画は、番組の男性スタッフが“クロ”だと感じた行動カードの中からTOKIOやゲストが選んでいくが、中村は自らの経験を判定してもらうことに。

「まさかの持ち込み!」と驚きの声が上がる中、国分も「獅童さんはどんなことで勘違いしてきたのか」と興味津々。

実は松岡と共演した舞台でのエピソードで、中村は「松岡くんの目から見ても、彼女は絶対、俺のこと好きだったでしょ?」と自信たっぷり。「次の日から、ものすごく意識しちゃった」と中村が振り返る、女子の行動について明かす。

他にも、TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をゲストにぶつける企画「生まれてはじめて聞かれました」を実施。

国分が「芸能界で自分に一番詳しい人は?」と質問すると、芸能界での交友関係が明かされる。「友達が少ない」という松本が、唯一心を許す親友の女優の存在を告白する他、中村は「松岡くん」と回答。

「顔が似ていると言われることが多い」という松岡と獅童がお互いに間違われてしまった経験を告白し、スタジオは笑いに包まれる。

■ 松本穂香、中村獅童のコメント

――今回の収録の感想を教えてください。

松本:TOKIOさんは昔からテレビで見させていただいた方たちなので緊張しましたが、何を言っても受け止めてくださるから安心して楽しめました。テレビで見ている時の印象と変わらず、本当にすてきな方たちです。

中村:とても楽しかったです。張り切りすぎて、汗だくです。

――“好きアピ”企画はいかがでしたか?

松本: “そういうところで、俺のこと好きなのかもと思うんだ”と勉強になりました。私の思っている以上に、“好きかも”と思わせてしまう行動が多かったです。

中村:松兄の腕の見せどころで、勉強になりました。松兄と呼んでいますが、僕の方が年上なんですけどね(笑)。

――視聴者へメッセージをお願いします。

松本:他の番組などでは話したことがないことも、TOKIOの皆さんに引き出されてしまいました(笑)。トーク番組に出演させていただく機会は多くないのですが、楽しんでいただけたらうれしいです。

中村:全身全霊でやらせていただき、すべてを出し切りました! 僕の声が大きいのでテレビの音量には注意して、ぜひお楽しみください!(ザテレビジョン)