10月5日放送の新番組「さまぁ〜ず論」(テレビ朝日系)で、大竹一樹と三村マサカズがメタ作りの舞台裏を明かす場面があった。

ゲストの堀内健(ネプチューン)がさまぁ〜ずにぶつけたのは「ネタってどうやって作ってますか?」という質問。

ネタ帳は一切持たないというさまぁ〜ずは、コントを作る際には2人で部屋にこもって話し合いながら展開を考えていくという。三村は「絶対にネタを作るシーンには、俺もいなきゃいけないし大竹もいなきゃいけないし」と説明。アイデアを出し合った後、大竹1人で台本の形にまとめていくが、台本を書く作業も三村の目の前でやっているという。大竹がコント台本を書き上げると、その場で三村がチェック。

その時に三村が台本上の弱い部分を指摘することもあるが、大竹は三村のほうを指し示しながら「言ってくんなよってとこ、絶対言ってくる」と話す。

続けて「『うるせえな、分かってるよ!』みたいな感じだけど『やっぱりな…いいこと言ってくるなコイツ』っていう」と大竹は語り、お互いの信頼感の強さをのぞかせていた。

放送終了後のネット上では「ずっとコントを作り続けてるさまぁ〜ずってスゴくない?」「ダメ出しをするほうもされるほうも同じ感性を持ってるってことですね」「2人で向き合ってネタ作りって仲が良くないと無理だよね」などのメッセージが寄せられていた。

次回の「さまぁ〜ず論」は10月12日(月)放送予定。(ザテレビジョン)