テレビアニメ化が決定した「やくならマグカップも」の声優オーディションが開催されることが決定した。同アニメは、2010年に多治見市の有志や企業が集まり“街を元気にしよう”というプロジェクトの一環から始めたもので、地元IT企業の株式会社プラネットが2012年より発行するフリーコミック「やくならマグカップも」が原作。岐阜県南東部に位置する多治見市を舞台に、4人の女子高校生が伝統工芸品「美濃焼」を通じて陶芸の魅力にのめり込んでいくという内容だ。

■ オーディション概要

今回のオーディションでは、アニメ「やくならマグカップも」に出演し、既に発表されているメインキャストの4人、田中美海(豊川姫乃役)、芹澤優(久々梨三華役)、若井友希(成瀬直子役)、本泉莉奈(青木十子役)との共演者を決定する。

審査員は、本作の監督の神谷純、シリーズ構成・脚本の荒川稔久、プロデューサーの手塚健一が務めることが、オーディション詳細と共にオーディション公式サイトで発表されている。

■ 「やくならマグカップも」ストーリー

戦国の世の大名茶人・古田織部が焼き物を作らせた東濃(岐阜県南東部)に位置する美濃焼が有名な町、多治見市。

豊川姫乃は、脱サラした父親と二人、幼い頃に亡くなった母の故郷であるこの岐阜県多治見市に引っ越してきた。母の母校に通うことになった姫乃はクラスメイトの久々梨三華に誘われ、陶芸部に向かう。

そこで初めて母が伝説の陶芸家であったことを知り、姫乃は陶芸の世界に引き込まれていく。そして陶芸部のムードメーカー・久々梨三華、いつも部室に入りびたっている個性派女子・成瀬直子、有名な陶芸家の祖父を持つ陶芸部部長・青木十子という個性豊かな仲間たちと明るく楽しい陶芸ライフが始まる。(ザテレビジョン)