2019年12月から2020年1月にかけてリーディングシアターとして上演された「キオスク」が、2021年に林翔太を主演に戯曲版で日本初演されることが決定した。林がストレートプレイの主役を務めるのはこれが初めて。主演に当たり、林は「どのような感じになるのか、全く想像がつきませんが、新しい発見もありつつ、自分にとってまた一つ階段を上がれるような作品になると思うと、今からすごく楽しみです!」とコメントを寄せた。

「キオスク」は、ナチスドイツが台頭するオーストリアで時代に翻弄(ほんろう)される人々を描く物語。オーストリアの人気作家ローベルト・ゼーターラーによる同名ベストセラー小説を作者本人が戯曲化し、ウイーンで初演された同作を日本初演する。

2019年12月から2020年1月にかけて、末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)主演、石丸さち子上演台本・演出で小説を基に創造し、原作に忠実に上演したリーディング版も日本で初上演され、熱気あふれるキャスト陣の好演が好評を博したばかり。

また、2020年7月には「17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン」というタイトルで、「キオスク」を原作とした映画も公開された。

今回はローベルト・ゼーターラー本人による戯曲版を、より視覚的に、演劇的な体を駆使して上演することを目指すという。

今作で描かれるのは、ウイーンのキオスク(タバコ店)で働くことになった17歳の青年・フランツ(林)の、さまざまな大人たちとの交流や初恋を通じた波乱の成長と、ウイーンで出会った愛するものを通して政治、世情と向き合う物語。

舞台となる1937年のオーストリアは、ナチスドイツが台頭し、ヒトラーによるホロコーストが始まり、人種差別が横行する世界だが、そんな時代に多感な時期を過ごすこととなったフランツの切なくも純粋な青春が描かれる。

なお、主演の林の他、橋本さとし、大空ゆうひ、上西星来(東京パフォーマンスドール)、吉田メタル、堀文明、一路真輝、山路和弘の出演が決まっている。

上西、一路、山路の3人はリーディングシアターにも出演したキャストであり、ストレートプレイでの演技にも注目が集まりそうだ。

■ 林翔太コメント

このたび、ストレートプレイ「キオスク」日本初演でフランツ・フーヘルを演じさせていただくこととなりました林翔太です。

ストレートプレイの主役を務めさせていただくのは初めてで、どのような感じになるのか、全く想像がつきませんが、新しい発見もありつつ、自分にとってまた一つ階段を上がれるような作品になると思うと、今からすごく楽しみです!

そして、今回演出してくださる石丸さち子さんとご一緒させていただける事もたいへん光栄で楽しみの一つです。今回の舞台で新たな林翔太として殻を破れるように誠心誠意ぶつかっていきたいと思います。

さらにすてきな共演者の方々に囲まれて学びながら表現者として稽古場にいられる事、皆さんと舞台に立てる事もとても楽しみです!

僕が演じさせていただくフランツが抱く思いや悩み、期待や不安など細かいところまで見に来てくださるお客様に伝えられるように、そして皆様の心に何かを残せるように、精いっぱいやらせていただきます! よろしくお願いいたします。(ザテレビジョン)