10月7日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系) は、ゲストに松本穂香、中村獅童が登場。松本が中村とTOKIOメンバーの女性観を判定した。

女性が男性にする行動でどれが“好きアピール”なのかをジャッジする企画「完全に好きアピ警察24時」で、松本が、よくある女性の行動をシロ=好意ナシ、クロ=好意アリで判定。

中村は自身の経験をもとにした“汗をかいていたらタオルを貸してくれた”という行動のジャッジを依頼。2018年に上演した「江戸は燃えているか」という舞台の現場での出来事で、演出上、中村が汗だくなるというシーンのあと、舞台袖である女性がタオルを持ってきてくれた、という。中村はその行為を「これはやっぱりさ、好きってことだろう」と言い、国分太一も「男性は勘違いしちゃう」と同意する。中村はその舞台で共演をしていた松岡昌宏に「彼女は絶対、俺のこと好きだったでしょう?」と応援を求めるが、松岡は「全体的に獅童さんは思い込みが激しい」と指摘。中村が些細な出来事でもすぐに好きになってしまうタイプと明かし、「その日から急にみんなでもんじゃ食べに行こうと言い出した」と、距離を縮める作戦を行っていたことを暴露。中村も「次の日からものすごい意識するようになった」と認める。

しかし松本のジャッジはシロ。中村は「好きじゃなかったら持っていかないでしょう?」と食い下がるが、そんな中村を松岡は最近、第二子が誕生したしたことをあげて心配を。妻とではないエピソードに熱中してしまった中村も「大切な時期なんだよ!」と慌てるが、松本から恋愛感情ではなく、中村の芝居に感動して貸したのでは?と言われると、「それはそれで嬉しい」と笑顔を見せた。

続く松岡は“食事会のときにこっそり撮った写真を、なぜかその夜に送ってくる”という行動をクロと予想。「もし僕に興味がないんだったら、この人は記者です(笑)」と言い切る。松岡はそのやり取りのシュチュエーションを事細かに説明し、松本にもクロだと思い込ませようと誘導する。すると松本はクロと判定。松本は自分だったら写真を撮ったとしても、友人に送っても本人には送らないと言いつつ、松岡の話を聞いていたらクロに思えたと明かす。また松本は学生時代に、友人の写真を撮るふりをして、後ろにいた気になる男子を撮ったことがあると告白。長瀬智也から「盗撮じゃないですか!」と指摘されるが、それは認めつつ、家で見たりしていたと話した。

SNSでは「獅童さんテンション高いな笑」「松本穂香ちゃんかわいすぎ」「松岡クンの話術に嵌まる松本穂香さん笑」などと、松本の可愛さや、話題の面白さなどを喜ぶコメントが寄せられた。

次回の「TOKIOカケル」は10月14日(水)夜11:00より放送予定。ゲストに三浦翔平が登場する。(ザテレビジョン)