元サッカー日本女子代表でタレントとして活躍する丸山桂里奈が、10月8日にアメーバオフィシャルブログを更新。“タレント”としてのセカンドキャリアを歩み始めた心境を明かした。

この日、丸山は「今人生で一番楽しい」とつづり始めると、「サッカーはサッカーでお世話になったし大好きだし。でも、好きだからとかで全部片付けられ不遜な簡単じゃかいのもサッカー」「感覚だけのプレーで進み、目の前にいた人を抜けばOKでドリブルばかり練習して素晴らしいメンバーに出会えたサッカー」「素敵な思い、素敵なチームメイトに出会え最高でした」とサッカー選手時代を回顧。

「サッカーがあるから今があるし、これからも自分ができる情熱を恩返ししたいし、女子サッカーがますます盛り上がればなと思います」とサッカーへの思いを明かした。

続けて、現役引退後、タレントに転身しセカンドキャリアを歩み始めた丸山は「とても充実しているし本当の自分が見つけられたきがします」「今が楽しい、最高に」といい、バラエティーの世界について「たくさんの方に支えていただいて、サポートして頂いて日々優しさに触れて、楽しさに触れて、面白さに触れて。笑うって素晴らしいなて肌質になり、今は自分の一番の宝物な場所です」とコメント。

最後は「これからも、日々感謝を忘れずに精進し笑顔でいれるように突っ走ります」「片付けがなかなかできず、今トイレに来たらいきなり更新したくなりました。今を大切にしたいですね」とブログを締めくくった。(ザテレビジョン)