2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。第17週では芸人・岡部大(ハナコ)の演技が光った。岡部をはじめ、朝ドラで活躍した芸人について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

■ こんなに重要な役になるとは…

岡部大(ハナコ)は意外性のひとである。

「エール」に登場したとき、こんなに重要な役になるとは思っていなかった。

キングオブコント2018年王者であるハナコの一員・岡部が演じる田ノ上五郎は、13週の最後・65話に突然現れ、14週(66回〜70回)では、裕一(窪田正孝)の弟子志望として、また、裕一の妻・音(二階堂ふみ)の妹・梅(森七菜)の恋の相手として、メイン級の活躍をした。

1週間のゲスト出演かと思ったら、関内家の馬具制作業の跡継ぎ候補として梅と一緒に彼女の実家のある豊橋に向かう。そこで修業して、職人・岩城(吉原光夫)の試験に受かったら梅と結婚することを目指す。

その7年後が、17週。ついに試験に受かって梅との結婚を決める。

15週・75話では、修業中の五郎の頬に梅が励ましのキスをして視聴者を騒然とさせた。続く17週・82話では、唇にキスしているところを光子(薬師丸ひろ子)に目撃されてしまうというキュンシーンが。

主演ドラマ「この恋あたためますか」(10月20日[火]スタート、TBS系)の放送も目前に控えて、今、大注目の森七菜とのキスシーンのある役とは、ものすごくおいしい役である。彼女の主演ドラマの相手役は中村倫也。森七菜の相手役として中村倫也と並ぶのである。

岡部大がこのようにおいしい役を演じたのは朝ドラがはじめてではない。夏に放送されて話題になった「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)でも最初はまったくノーマークながら、いつの間にかその誠実さが受けて、高橋メアリージュン演じる会社の同僚に好意を抱かれる役を演じていた。

2作続けて役得。その理由は、ちょうど良い加減の好感度だろうか。いまやイケメンも飽和状態、むしろ、イケメン過ぎない俳優が貴重である。その点、岡部は、誠実そうな雰囲気があり、かわいげもある。坊主頭はともすると、怖さやおもしろさに傾くのだが、岡部のそれには清潔感がある。純朴な昭和のいがぐり坊主的な好感度なのだ。

お笑い芸人だからといって、演技も決してイロモノ的でなく、彼が醸す純朴さや、一生懸命さがくすりと笑えるものになっている。

お笑い芸人が朝ドラで重要な役を演じることは岡部大に限ったことではない。

お笑い芸人がヒロインの相手役をやる良さは、ともすれば、ヒロインよりも目立ってしまいかねないイケメンスターとは違うことだ。ビジュアルではなく、性格の良さや、面白さ、演技の巧さによって、ヒロインや相手役(岡部の場合は森七菜)をいっそう輝かせることもできる。

その点において、最も大活躍したのは、「まんてん」(2002年)の藤井隆だろうか。

ヒロインの相手役といえば、「べっぴんさん」(2016年)で、ヒロイン(芳根京子)の実家の忠実な召使いを、ずっこけ芸を交えながら演じ楽しませてくれた、松竹新喜劇出身の曾我廼家文童は「よーいドン」(1982年)のヒロイン(藤吉久美子)の夫役だった。彼はお笑い芸人ではなく喜劇役者。ちなみに松竹新喜劇は、11月から放送予定の次回作「おちょやん」で描かれる題材である。

現在、再放送中の、新人の頃の沢口靖子が瑞々しい「澪つくし」(1985年)には明石家さんまが出ている。沢口演じるヒロインの父が営む醤油問屋の職人役。役名が「ラッパの弥太郎」というインパクトの強さで、いろいろ問題を起こして風を呼ぶのだが、今、再放送を見ると、なんだか爽やかイケメンに見える。「男女7人夏物語」(1986年)で大竹しのぶの相手役を担って俳優として大ブレイクするのは翌年のことである。

同じく再放送中の「純情きらり」(2006年)では、ヒロイン(宮崎あおい)の初恋の相手を劇団ひとりが演じた。

■ 麒麟・川島、くりぃむしちゅー有田も朝ドラに

たくさんの人に愛される朝ドラでは幅広いキャスティングが配慮されていて、お笑い芸人枠、ミュージシャン枠、最近ではヒーローもの枠などもあるように思う。そのなかでお笑い芸人は常にドラマを盛り上げる。もうすこし近年の朝ドラを振り返ってみよう。

「スカーレット」(2019年)では主人公の大阪時代、彼女が女中奉公している荒木荘の下宿人のひとりがTKOの木本武宏。歌まで歌って泣かせてくれた。

「なつぞら」(2019年)では主人公のアニメ制作会社の先輩・下山を麒麟の川島明が演じた。毎日着替えてくるヒロイン(広瀬すず)をスケッチするというあやしい行為も、微笑ましいものにしてみせる手腕はさすがだった。

「まんぷく」(2018年)では主人公の働くホテルの従業員役・野呂役で藤山扇治郎。彼も曾我廼家文童と同じくお笑い芸人ではなく喜劇俳優。次回作「おちょやん」で描かれる松竹新喜劇でいまも活動している喜劇役者である。人情喜劇の名手・藤山寛美の孫で、ネタで笑わせるのではない、日常を生きるなかでにじみ出る人のおかしみを演じてみせる。だから、福子のために缶詰をどれだけ横領しても憎めなかった。

「半分、青い。」(2018年)ではくりぃむしちゅーの有田哲平。

終盤、主人公(永野芽郁)と佐藤健の発明に手を貸す重要人物。俳優業はさほどやってないが、主演ドラマ「わにとかげぎす」(2017年)では主演をつとめている。

「わろてんか」は吉本興業の前身の話なので吉本の芸人たちが多数出演。前述の藤井隆のほか、吉本新喜劇の辻本茂雄、内場勝則ほかたくさん登場した。次回作「おちょやん」は松竹新喜劇の喜劇俳優が多く出演するのではないだろうか。

「べっぴんさん」では、「大急ですから!」でおなじみになったデパートの従業員・古山役の夙川アトムは元お笑い芸人である。「スカーレット」にも出ている。

「とと姉ちゃん」(2016年)の片岡鶴太郎。彼もまた明石家さんまと並んで80年代からトレンディドラマにも俳優として出ていた。大河ドラマなどでも活躍し、じょじょに性格俳優的な雰囲気になっていき、「とと姉ちゃん」では下町の粋な職人役を演じた。

「あさが来た」(2015年)ではあさ(波瑠)の女中・うめを演じた友近が、大活躍した。

「ちりとてちん」(2007年)は落語のドラマなので、桂吉弥をはじめとした落語家が多数参加。ほかに木村祐一など笑いを仕事にする者たちが出演し、彼らのつくる笑いの通奏低音が心地よかった。

ほかに忘れてならないのが、「マッサン」「あさが来た」「わろてんか」「まんぷく」など大阪制作でゲスト出演の常連が漫才師の海原はるか・かなた。出番は短いが確実なインパクトで愛されている。

お笑い芸人たちは朝ドラを楽しくしてくれるなくてはならない存在である。

ここでは主に主人公の相手役として、場を和ませる存在として活躍するお笑い芸人を紹介したが、「エール」の岡部大は、裕一に「先生には戦争に協力するような歌を作ってほしくありません。先生には人を幸せにする曲を作ってほしいんです」(83回)と言う役割まで背負う。「戦争を逃げずに描く」という「エール」において責任重大である。

「エール」には撮影途中でコロナ感染によって亡くなった志村けんも出演した。

音楽界の巨匠・山田耕筰をモデルにした小山田耕三役で、戦時歌謡をたくさんつくり、裕一に「この非常時に音楽家として国に忠誠を尽くし命を懸けて戦う将兵にこちらも命をもって応えるのが国民のつとめである」とメッセージを残す。

国のために人生を賭けている人物を威厳と謎めいた雰囲気で演じ、これまでの志村のコントのイメージとは違う顔を見せた。残念ながらもう小山田の姿を見ることはできないが、圧倒的な印象を残したことは確かである。(文=木俣冬)(ザテレビジョン)