上野樹里が主演を務めるドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系※11月2日スタート)の公式ポスタービジュアルが公開された。

月9ドラマとして初めての2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く本作は、同名漫画作品が原作。ドラマ化をするにあたって大きくアレンジをした感涙のヒューマンドラマとなっている。

■ 朝顔は母の遺体を探すため一人で東北の地へ

主人公の万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める法医学者。法医学者とは、事件性の疑いの有無にかかわらず死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師。

朝顔は周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持ち、実直で愛情深く心優しい女性で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう。

ただ、東日本大震災で母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみ故に遺体を「どうして亡くなってしまったのか分からない“不詳の死”には決してさせない」という揺るぎのない信念がある。

遺体を前にした朝顔は「教えてください。お願いします」とささやいて解剖をおこない、誰よりも懸命に、真摯(しんし)に遺体に向き合っていく。

一方、朝顔の父・万木平(時任三郎)は、神奈川県の野毛山署強行犯係に勤めるベテラン刑事。朝顔と平ら“法医学者×刑事”という異色のタッグが、かたや解剖、かたや捜査で、さまざまな遺体や事件の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまをハートフルにつづっていく。

と同時に、2019年7月〜9月放送の第1シーズンでは、平と同じ刑事の桑原真也(風間俊介)との結婚や、一人娘・つぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、癒やしようのない悲しみを少しずつ乗り越えていく親子の姿を細やかに紡ぎ上げていった。

第1シーズンのラストで、悲しみは完全に癒えずとも前へ一歩踏み出し、母の実家があり、母が被災した東北の海辺の街を再び訪れることができた朝顔。その翌年の5月を舞台に本作は始まる。

変わることなく、興雲大学法医学教室で法医学者として働く朝顔。父の平も変わらず、野毛山署強行犯係で刑事として働き、時間があれば東北に向かい妻の遺体を探していた。

夫の桑原は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送り、娘のつぐみは最近になって「弟が欲しい」と朝顔らにこぼしている。

朝顔らの日常は、これからもずっと同じように続いていくと思われた中、とあることがきっかけで朝顔は、平の代わりに母の遺体を探すため一人で東北の地を訪れることになり、新たな物語が幕を開ける。

■ たくさんの出演者で、四季を感じさせるものに

そんな本作の公式ポスタービジュアルが解禁。「私たちが、探し出す。生きた証を。最後の想いを。」というキャッチコピーとともに、朝顔、平、桑原、興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子(山口智子)が、それぞれ柔らかい光に包まれてほほえんでいる1シーンを切り取ったビジュアルに。

その4人の写真の脇には、なぜか紅葉の風景の写真がレイアウトされている。実は今回、2クール連続放送だからこその丁寧さで、四季の移ろいとともに朝顔らの日々を描いていくため、この朝顔と平、桑原、茶子の4人の“秋バージョン”のポスタービジュアルに加えて、春・夏・冬バージョンと、計4パターンものビジュアルが制作された。

春バージョンのビジュアルでは、朝顔、平、桑原、つぐみ、そして朝顔の祖父・嶋田浩之(柄本明)の5人が万木家で記念撮影をおこなった写真がレイアウトされている。

夏バージョンでは、平、桑原、森本琢磨(森本慎太郎)、山倉伸彦(戸次重幸)ら刑事たちと、伊東純(三宅弘城)、丸屋大作(杉本哲太)の検視官二人が野毛山署に一堂に会して記念撮影を行った写真がレイアウト。

そして冬バージョンでは、朝顔、安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)、茶子ら法医学者たちが法医学教室で記念撮影をした写真がレイアウトされている。

TVドラマとしては異例の春夏秋冬バージョンのビジュアルは、10月26日(月)から11月1日(日)まで、新宿駅と池袋駅に掲出予定。

■ 金城綾香プロデューサー(フジテレビ第一制作室)コメント

「監察医朝顔」は、上野樹里さん演じる主人公の法医・朝顔の家族や職場の人間と共に、亡くなってしまった方の最後の思いを読み解く物語で、当初から第2シーズンのポスターには、たくさんの出演者の方で作り上げたい、四季を感じさせるものにしたいと考えておりました。

そのような企画を準備していた頃、新型コロナウイルスの影響を受ける春がやってきて、ポスターにより一層強いメッセージを込めたいと思うようになりました。世界中の人々が行動を制限されたり、不安を感じる日々が続いたりしています。そばに誰かがいてくれるということが、困難な状況にもなってまいりました。

だからこそ、今、このドラマが伝えたいこと、そして登場人物を通して伝えたいことを、メーンビジュアルと4枚の連続のポスターに込めました。(ザテレビジョン)