武田鉄矢と須黒清華アナウンサーが、10月13日に行われた「武田鉄矢の昭和は輝いていた 放送300回記念取材会」に出席した。

激動の時代・昭和を象徴する人物、モノ、出来事などにスポットを当て、その魅力を再発見する同番組。10月23日(金)放送の300回記念スペシャルでは、「昭和歌謡の幕開け」と題して、戦前(昭和元年〜昭和19年)の名曲の数々を紹介する。

武田は、“昭和の歌姫”美空ひばりとのエピソードに触れ、「美空ひばりさんはオーラがすごくて、息が詰まるほどでした。昭和のスター独特の圧力。楽屋で一緒にご飯を食べようと誘われたが、逃げ出して近くのラーメン屋で食事を済ませたことがありました(笑)」と振り返った。

そして小林旭、高倉健、長嶋茂雄、王貞治らの名もあげ、「芸能界に入り、自分が子供だった頃に“昭和を作っていた人たち”に出会った。番組を通して、その人たちの一番すてきな人生のエピソードを言い残していくのが、自分の使命のように感じています」と語った。

須黒アナは、「武田さんの台本には、いつも手書きのメモが何枚も貼り付けてあります。すでにたくさんの知識をお持ちなのに、必ず勉強して収録に臨まれる。武田さん流の考察を聞くのが毎回おもしろいです」と、7年半も番組が支持される理由の一つを明かした。

武田は、ドラマ「3年B組金八先生」(TBS系)や、海援隊のヒット曲など、時代が変わっても愛され続ける作品を多く持つが、「今振り返りますと、私は昭和で終わっとりますな〜」と苦笑い。「古いタイプの芸能人なので、(時代の変化に)なかなかついていけない。分かりやすいところで言いますと、アイドルは接触しないのがアイドルでした。昨今のアイドルで、非接触はありえないですよね」と話した。

また、この日に行われた収録をもって須黒アナが番組を卒業することが発表された。後任は福田典子アナウンサーが務め、2021年1月放送回より出演する。武田は須黒アナに対し、「みるみる力をつけて、番組を支えてくれた。近頃女子アナが物議をかもしたりしていますが、君の女子アナとしての、力のつけ方は驚嘆の二文字であります。本当に長い間ありがとう。必ずどこかで再会したいと思います」と感謝を伝えた。

須黒アナは「武田さんが毎回先生やお父さんのようにいろいろ教えてくださった。これから私が次の世代に伝えていく役割を担っていけたら」と話し、福田アナは「私は平成3年生まれで、今年30才を迎える年。そんなときに、昭和を学び伝えていく番組に携われるのは、人生の楽しみがより増えていくだろうとワクワクしています」と意気込んだ。(ザテレビジョン)