RKB毎日放送で毎週日曜日に放送されている「城島健司のJ的な釣りテレビ」(朝6:15-6:45放送)。10月18日(日)は「みんな大好きタイラバ&スロージギング♪」を放送する。

今回は福岡県糸島市の船越漁港から船を走らせ、元プロ野球選手の攝津正も同船、魚影が濃い玄界灘の大海原へ出発する。挑戦する釣りは、家族で楽しめるタイラバとスロージギングの2本立て。

タイラバとは、真鯛釣りで用いられるルアーの一種で、近年、タイラバを用いた釣りが新たなゲームとして人気急上昇している。一方、スロージギングもスロージグと言われるルアーをキャストし、さまざまなアクションで魚を食わせる釣りだ。

釣れる魚も鯛だけではなく、さまざまな魚種がターゲットになるため、上がってこないと何が釣れているのか分からないのも楽しみのひとつ。あたりを待つ中、矢野由希子が大物をヒットするが、その魚の正体とは。メンバーの釣果はいかに?(ザテレビジョン)