Snow Manの佐久間大介が10月17日放送の「超逆境クイズバトル!!99人の壁アニメSPワンピース&鬼滅の刃!秘蔵映像放出」にSPワンマッチゲストとして初出演。アニメ・声優愛を武器にジャニーズ初のグランドスラムをかけて、99人の壁に挑んだ。

同番組は、俳優の佐藤二朗がMCを務め、チャレンジャー1人 VS ブロッカー99人という逆境下で、最愛の知識を武器にグランドスラム達成を目指すクイズ番組。今回はチャレンジャーを阻む“壁”に集英社、東映アニメーション、キングレコードなどアニメ・漫画に携わる社員集団および人気アニメの声優陣、計99人が集合した。(以下ネタバレがあります)

■ 佐久間大介のアニメ・声優愛が爆発

「アニメオタク兼Snow Manの佐久間大介です」が自己紹介のキャッチフレーズの佐久間は、クイズジャンルに「声優」を指定。1stステージは、声優名とその説明文を正しく結びつけるもの。

佐久間は「宮野真守」と「ドラマ『半沢直樹』に出演」を正しく結びつけ、「宮野さん大好きなんですよ!ライブ超カッコいいんですよ。ライブDVDとか持ってて…」と熱弁。また、「木村昴」が「ラッパーとしても活躍」というのを答えたあと、「ラップのキレすっげーな!みたいな。めちゃくちゃテンション上がりますね」とやはり熱弁。

■ 「関さぁぁぁぁぁん!」と大絶叫

2ndステージは、6つのセリフを聞いて、声優がしゃべっているセリフを選ぶという問題が出題された。1人だけ声優でない人が混じっており、それを選ぶと敗退となる。

佐久間は真剣な表情で声を聞いたあと、まずは佐倉綾音の声を当て、「大好きな作品のセリフなんで激ヤバでしたね!」と言い、アニメの映像付きで再度セリフが流れると「ズキューン」という効果音と共に身体を反らし撃ち抜かれていた。

続いて「鬼滅の刃」の早見沙織のセリフと声を当て、最後に水瀬いのりの声と作品もバッチリ正解。アニメ映像が流れると「くぅぅ〜!」と叫び「めっちゃいいシーンですよ、ここ!ここらへんがめっちゃ泣けるんですよ!」と、佐藤に向かって笑顔を見せた。

しかし4thステージの早押し問題で、ブロッカーに阻まれ残念ながら敗退。グランドスラムを達成したら、声優の関智一が「雑種が!」と言うボイス入り目覚し時計が欲しいと話していた佐久間は、負けが宣告されると舞台仕込みの声量で「関さぁぁぁぁぁん!」と絶叫。さらに「燃え尽きたな…真っ白に…」と遠い目をしてつぶやき、スタジオを盛り上げた。

4thステージで敗退したものの、終始笑顔を絶やさず奮闘していた佐久間にSNSでは、「佐久間くん、残念だったけど好きな声優さんのことを生き生き語る姿が見れてよかった」「キラキラ笑顔の佐久間くん輝いてました!」「全力の熱意伝わった」「好きなものへ愛があふれてた!」「佐久間くん、全力で頑張ってる姿かっこよかったよ!」など称賛の声があがり「#佐久間くん」がTwitterトレンド入り(10月17日夜9時時点)。

また、「問題考えてるときの真剣な表情めっちゃかっこよかった!」「悔しがってるさっくん(佐久間)、かわいそうだけど可愛かった!」「4thステージまで行くのすごい。また出れますように…」「アニメオタクのさっくんだからファンの気持ちもしっかりわかってくれてて最高」などのコメントも上がっていた。

■ Snow Manの切り込み隊長

佐久間は2005年ジャニーズ事務所に入所。2012年よりSnow Manとして活動している。昔は引っ込み思案だったというが、いまや、番組でも見せたポジティブな言動でSnow Manの切り込み隊長としてグループを盛り上げている。

アクロバット、ダンスには定評があり、ダイナミックな技、繊細で華麗な表現は、ファンの間で「さっくんの周りには重力がない」「踊る姿がもはやアート」などとささやかれているほど。

アニメ好きなため「Snow Manの曲がアニメの主題歌になることが夢のひとつ」だと語っていたが、2ndシングルに収録されている「Stories」はアニメ「ブラッククローバー」第11クール オープニングテーマになった。

また同アニメ第140話で佐久間をモデルとしたオリジナルキャラクター“マクサ・ノース“を声優として演じ、「いい意味で佐久間くんじゃなく、マクサ・ノースだった」「めちゃくちゃうまくて驚いた」とネット上でその演技力が話題になった。

Snow Manは「KISSIN' MY LIPS/Stories」が10月7日にリリースされた。10月22日(木)からは「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D」9公演をオンライン生配信で開催する。また、主演を務める映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が12月4日(金)から全国の映画館で上映される。(ザテレビジョン)