10月17日(土)、カンテレではスポーツドキュメンタリー番組「三冠 奇跡に挑む者たち」(昼4:30-5:30)を放送。日本競馬界に“三冠”という体系ができて約80年。2020年はその歴史上初めて“三冠”と“牝馬三冠”が同年に達成されるという奇跡が起きようとしており、その奇跡に挑むサラブレッドとホースマンの知られざる闘いに迫っていく。

3歳馬のGIレース「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞」を制する“三冠”と、3歳牝馬のGIレース「桜花賞」「オークス」「秋華賞」を制する“牝馬三冠”。この2つが同じ年に達成されたことは一度もない。

10月25日(日)の「菊花賞」で三冠に挑むのは、“日本近代競馬の結晶”とうたわれたディープインパクトを父に持つコントレイル。最強のDNAを宿す才能は、父以来となる史上3頭目の無敗での三冠制覇に挑戦。そんな偉業に挑む騎手25年目を迎えた福永祐一騎手と矢作芳人調教師をはじめとしたチームスタッフたちの日々に密着する。

一方、10月18日(日)の「秋華賞」で史上初となる無敗の牝馬三冠に挑むのはデアリングタクト。家族経営の小さな牧場に生まれ、0歳時のセリでは誰も買い手がつかない“日の当たらない”存在だった。それでも才能を信じ続け、奇跡の“シンデレラストーリー”を実現させた知られざるホースマンたちのドラマを伝える。

■ スポーツドキュメンタリー初挑戦の小籔千豊と長濱ねるが番組を語る

同番組のナビゲーターは小籔千豊、ナレーターは長濱ねるが務め、二人共スポーツドキュメンタリーは初挑戦。

収録後、小籔は開口一番「デアリングタクト応援したくなりました」と、苦労人らしく買い手がつかなかったデアリングタクトの才能を開花させたホースマンたちの苦労に思いをはせた。

一方、これまで競馬になじみのなかった長濱は「知らない世界だったので、こうやって知ることができて本当によかったと思います。馬と人の物語というのか、絆とか努力とか、それだけじゃない血統とか、競馬ならではの物語が見られました」と話した。

スポーツドキュメンタリーのナレーター初挑戦については、「ナレーターという仕事に興味があって楽しみにしてきたんですけど、やっぱり難しかったですね。普段聞いているナレーションの方と全然違って、イントネーションとか滑舌とか、それだけじゃなくてその映像をいかに人に伝えられるかなど、まだまだ未熟でしたが、レベルアップしてまた挑戦したいです」と謙虚に振り返った。

また、コントレイルの福永祐一騎手の葛藤の人生については「初めての日本ダービーのとき雰囲気にのまれたというふうにおっしゃっていたので、ああいう天才も僕らと近い考え方というか、失敗みたいなのもあると知って、(自身も)ちょっとでも努力せなあかんなと思いましたし、そういう努力をされてこられた福永さんは偉大やと思いました」と小籔。

福永騎手がずっと歴史的名馬(スターホース)に巡り会いたいと思っていたことについては、「なかなかこれは運と巡り合わせのものなのだと。僕も本当に振り返ったらいろんな巡り合わせとか出会いで、たくさんラッキーをいただいていますので、そういうのを改めて大切にせなあかんなと思いました。こういうスターホースと出会うことはないですけど、池乃めだかさんや(笑福亭)鶴瓶さん、ダウンタウンさんなど、いろんな方々と出会わせてもらってるのは縁ですよね」と感想を述べた。

長濱は福永騎手が2013年の「日本ダービー」で惜敗した後のコメントが印象に残ったようで、「福永さんが“ごめんね。自分のせいだ”みたいなことおっしゃっていたところがすごく胸に来て、それぞれの方がそれぞれ愛情を持ってやっていて、でも優勝できるのは1頭しかいないと思うと、すごく熱くて心に来るものがありました」とコメント。

さらに、これまで知らなかった競馬の世界に触れ、「アイドルをしていたときは頑張る姿勢だったりその過程を応援していただいていることが多かったので、競馬は過程よりも結果で評価される世界で、それに間近で触れさせていただいて、自分も何か作ることとか、話すこととか、書くこととか、自分ならではの仕事をしたいし頑張りたいなと思いました」と思いを明かした。

さらに、独自の競馬予想理論で知られる小籔に「秋華賞」と「菊花賞」の馬券購入について聞くと、「割と本命を外すタイプなんですけど、こういう裏側を知ったのでリスペクトをこめて、(コントレイルもデアリングタクトも)どちらもしっかりと1着固定でいかせていただきます」と宣言した。

そして、最後に見どころを聞くと、長濱は「レースを見るだけじゃ分からない、一つ一つの人とのつながりであったり裏側が見られて、私みたいに今まで(競馬に)触れてこなかった若い世代の方にも、すごく刺さる物語なんじゃないかと思うので、同世代の人にも興味を持ってもらうきっかけになったらうれしいです。競馬ファンの方にも馬と人とのすごく温かい物語なので伝わるといいなと思います」と期待を口にした。

小籔は「一口に競馬と言いますけど、たくさんの人の思いと苦労があって、その出来上がった状態のものを僕らが味わわせてもらってるという、ついついそういう感謝の気持ちを忘れがちなのですが、改めてこの番組を観て、競馬だけじゃなくいろんなことにありがたいと思うきっかけになりました」と話した。

■ コントレイルとデアリングタクトの当日の様子を生配信

また、関西テレビでは25日(日)に「菊花賞」で三冠に挑戦するコントレイルと、18日(日)に「秋華賞」で牝馬三冠に挑戦するデアリングタクトの、パドックからレースに至るまでの動きを密着カメラで生配信する。

配信時間はいずれも昼2時55分頃から3時50分頃、YouTube「はみだし競馬BEAT」とTwitter「カンテレ競馬」での配信予定となっている。(ザテレビジョン)