2020年度前期の“朝ドラ”こと連続テレビ小説「エール」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。第18週では戦争の悲惨さが描かれ、視聴者から大きな反響を呼んだ。今回は朝ドラと戦争の関係について、フリーライターでドラマ・映画などエンタメ作品に関する記事を多数執筆する木俣冬が解説する。(以下、一部ネタバレが含まれます)

■ 戦時中に青春時代を過ごしたヒロインが31人

第18週「戦場の歌」では、裕一(窪田正孝)が慰問先のビルマ(現ミャンマー)で凄惨な体験をした。敵の襲撃を受けて恩師の藤堂先生(森山直太朗)が絶命。眼前で多くの命が消えていくのを見て、裕一は曲を作って彼らを戦場に送る手伝いをしたことを激しく後悔する。

放送を前にチーフ演出家・吉田照幸はこんなことを語っていた。

「朝ドラではふだんは省略してしまう戦争の描写は、裕一を描くうえで、避けられないと思い、若干の覚悟をもって撮りました。ここまでの戦争描写は夜のドラマであれば問題はないですが、朝の食卓に届けることへの若干の迷いというか躊躇があるのは確かです。ただ、戦争描写――裕一の自我の喪失――信じていたもののすべてが崩壊していく描写はこのドラマに重要と考えました」(東洋経済オンライン 朝ドラ「エール」凄惨な戦地の描写に透ける覚悟 より)

「エール」をふくめ102作放送されている朝ドラでは、戦時中に青春時代を過ごしたヒロインが31人もいる。彼女たちの人生にどうしたって戦争は大きな影響を及ぼしている。よってドラマでも戦争に関する描写はある。だが、朝の時間帯ということもあってその描写はソフト。そのことについては、「ひよっこ」(2017年度前期)当時のドラマ部部長はこのように考えを語っていた。

「朝ドラでは戦争80年代90年代の頃って、戦争の話をやると戦争体験のある視聴者の方々から『戦争の場面を見るのがイヤだ』というご意見がけっこう来るようになりました。戦争直後は戦争の場面があまり描かれず、それからしばらくすると戦争の場面をやっても大丈夫な時代がやってきましたが、戦争の本当の体験者が高齢化してくると見るパワーがなくなってくるのかわからないですけど、『観たくない』と言う人が多くなって来た時期と、『僕らも戦争の描き方についてもうちょっとセンシティブにならなくちゃいけないんじゃないか』という時期がたまたまリンクしているんです。こうして戦争から離れた現代劇をやるようになったのが2000年代のはじめですね」(Otocoto「もうすぐ100作。『ひよっこ』は高度成長期の話だが、戦中・戦後・現代、朝ドラで描く時代はどう決めるのか?NHKドラマ部部長に聞いた」より)

時代によって戦争の描き方が変わる。確かにこの数年は戦争描写が控えめだった。振り返ると、「なつぞら」(2019年度前期)はヒロインなつ(広瀬すず)が戦災孤児になったところからはじまるが、そのきっかけである東京大空襲は、火のなか、母とつないだ手を離してしまいながら命からがら逃げてプールに飛び込むまでがアニメーションで描かれ、生々しさは少なめだった。

「スカーレット」(2019年度後期)と「ひよっこ」は戦争中や戦後の苦しさを登場人物が語りで聞かせる手法になり、「まんぷく」(2018年度後期)では、戦争のイメージがポスターなどの絵で描写するという工夫がされていた。主人公・福子(安藤サクラ)の夫・萬平(長谷川博己)が機銃掃射から逃げる場面は実際に撮影され臨場感があったが、戦後の話に重きが置かれている。近作は「とと姉ちゃん」(2016年度前期)や「べっぴんさん」(2016年度後期)の戦時中の描写は少ない。

クライマックスに向けて戦争が激化して主人公にのしかかってくるのは、その前の数年だ。「ごちそうさん」(2013年度後期)、「花子とアン」(2014年度前期)「マッサン」(2014年度後期)ではドラマの後半に戦争があり、ヒロインたちは苦悩する。

「ごちそうさん」ではヒロイン・め以子(杏)の息子(西畑大吾)が戦死、夫(東出昌大)も帰ってこない。生きているのか、死んでしまったのか……最終回ぎりぎりまで帰りを待ち続ける。

「花子とアン」はヒロイン花子(吉高由里子)が敵性語である英語の物語を密かに翻訳し続け、それが戦後、名作「赤毛のアン」になる。空襲のときに翻訳途中の原本を大事に抱えて逃げる場面が一話の冒頭に印象的に描かれている。

「マッサン」は「エール」と同じく男性主人公(玉山鉄二)だが、妻(シャーロット・ケイト・フォックス)が外国人で、彼女と娘(優希美青)が戦時中にはひどい差別に遭う。

このように主人公にふりかかる重しを必死でかいくぐり立ち上がって歩きだす姿が描かれたハードな世界が好きな視聴者と、そうではないライトなやわらかな世界が好きな視聴者と朝ドラファンは千差万別。作風が偏らないように配慮しているのであろうと感じる。戦争を描くか描かないか時代の流れでも変わることは興味深い。

■ “死の瞬間”も…踏み込んだ戦場描写

2020年、戦後75年という区切りの年に、近年、控えめになっていた戦争描写をこれまでよりもさらに一歩踏み込んでみる試みとなった「エール」。何が鮮烈だったかといえば、戦場で銃撃戦が繰り広げられ、頭を射抜かれて人が死ぬ瞬間を描いていることだ。血溜まりや目をあけたままの死体など、かなりショッキングなところまで描いていた。

「ゲゲゲの女房」(2010年度前期)でも、主人公(松下奈緒)の夫で漫画家の茂(向井理)が回想として、モデルである水木しげるの漫画の絵と実写をまぜながら南方の厳しい戦況を描いていたこともあるが、「エール」はそれ以上の戦場描写であった。

また、戦場から帰国したあとの裕一の虚無的な表情も、明るくさわやかなという朝ドラのイメージからは大きく離れたものだった。裕一の妻・音(二階堂ふみ)の実家・豊橋の実家も空襲で焼けてしまう。音の妹・梅(森七菜)や職人・岩城(吉原光夫)が負傷する。夢も希望もないものか……と思いきや、母・光子(薬師丸ひろ子)が賛美歌「うるわしの白百合」を歌うことで瓦礫の中からいつかきっと花が咲くという希望を見せた。

その後、闇市にたむろう戦災孤児たちの物語(「鐘の鳴る丘」)を書くぞと、劇作家・池田二郎(北村有起哉)が現れる。のちに彼が脚本、裕一が音楽で、名作ラジオドラマや演劇を作っていく人物だ。

戦災孤児といえば「なつぞら」につながるし、朝ドラで戦災孤児といえば。名作のひとつ「鳩子の海」(1974年度前期)である。記憶を失った戦災孤児・鳩子(斉藤こず恵)が主人公。ぎゅうぎゅう詰めの汽車から線路に転がり落ちる人、機銃掃射から逃げる主人公などこの頃はハードな描写がされている。

朝ドラの歴史は日本人の戦争の記憶と切り離せないものである。(文=木俣冬)(ザテレビジョン)