斎藤工が全国のミニシアターにエールを送る特集番組「特集︓ミニシアターに愛をこめて」が、10月19日(月)〜22日(木)の4日間WOWOWシネマにて放送。今回は、 かつてミニシアターで上映され映画ファンが熱狂した“世界の秀作”4本を特集。また、ゲストに永瀬正敏が出演し、斎藤と映画にまつわるトークを展開していく。

今回放送される作品は、『グラン・ブルー[完全版]』『さらば、わが愛〜覇王別姫』『恋する惑星』『ブロードウェイと銃弾』の4作品。齋藤と永瀬は、見どころはもちろん、各作品の上映館を中心としたミニシアターの思い出などについて熱く語りあっている。

放送に先駆けて行われた収録で、永瀬は「個人的な話を言うと、僕はミニシアターに救われたんです」と告白。その魅力について「知らない国の映画に出会えたり、 日本でなかなか見られなかった作品が見られたりもする、 驚きやワクワク感をもらえる場所だと思っていて。

それは多分、映画館ごとに特⾊を出せるからじゃないですかね。映画を選ぶ方たちの『この映画が素晴らしいからみんなにも知ってもらいたい』という思いがちゃんと伝わる場所なので。ミニシアターってあったかいんですよね。それをすごく感じる場所なんです」と熱弁していた。

■ 憧れの存在を前に齋藤の“愛”がダダ漏れに!

一方、永瀬が出演してきた作品をミニシアターで数多く観てきたという斎藤。収録中も、ジム・ジャームッシュ、エドワード・ヤン、クリストファー・ドイル、相米慎二など、これまで永瀬が一緒に仕事をしてきた国内外の映画人たちの秘話が次々と披露される。

また、斎藤は「エリック・クーをはじめ、僕の仲の良いアジアのフィルムメーカーたちと話していると、永瀬さんの名前は必然的にあがってくる。永瀬さんが今までされてきた仕事は僕の憧れ。永瀬さんはアジア映画のひとつの象徴であり、大いなるアイコンであると、なんだか勝手に誇らしくなっています」としみじみ。

そして「永瀬さんはミニシアターを主戦場として、僕に希望を与えてくださった方。僕が⾊んな方の作品にフットワークを軽くして出ているのは、永瀬さんの影響が大きい。今日は永瀬さんの大きな背中が一段と大きくなった時間でした」と感無量の様子だった。

最後に斎藤は、番組ロゴの空白となっていた部分に「ミニシアター」の文字を書いてもらえないかと永瀬にリクエスト。斎藤が「永瀬さんが書かれた“ミニシアター”という文字に大いなる意味があるんです」と語る通り、本番組のロゴにも注目だ。

■ 10月19日(月)夜11:00〜放送 『グラン・ブルー[完全版]』リュック・ベッソン監督

永瀬正敏:当時すごくブームになった映画ですよね。『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』もそうでしたが、フランス映画を身近に感じさせてくれた映画だなと思います。水中撮影の美しさみたいなのもあって、みんな惹かれていったんでしょうね。

斎藤工:今回見直してみて、美しい映画は⾊褪せないなと思いましたね。ポスターもそうですが、サウンドトラックもイルカの声が入っていたりして、ものすごく象徴的でしたよね。今年は海に行けなかった方も多いと思うので、ぜひこの1本で浸っていただけたらと思います。

■ 10月20日(火)夜11:00〜放送 『さらば、わが愛〜覇王別姫』チェン・カイコー監督

永瀬:歴史の大きな流れに、伝統芸能が波に巻き込まれていく。この物語だけで何本映画が作れるんだろうと思うくらいに、いろいろなものが注ぎ込まれていて。当時驚いた覚えがあります。この作品もレスリー・チャンさん、チャン・フォンイーさん、コン・リーさんら、主人公のお三方の芝居が見事だなと思いました。

斎藤:少年期の子役の演技で掴まれてしまいましたが、その大いなるバトンを名優たちが受け継いでいて。ものすごく内容が詰まっているし、長い尺の映画ではあるんですが、これぞ映画体験と言うものを与えてくれる名作だなと思いました。そして何より絵葉書のような美しい画面というものが、アジア映画に欠かせないものだと思います。

■ 10月21日(水)夜11:00〜 『恋する惑星』ウォン・カーウァイ監督

永瀬:僕もウォン・カーウァイ作品を手がけているカメラマンのウィンシャさんや、撮影監督のクリスさんと何度かご一緒したことがありますが、当時は映画の枠を超えてカルチャーを変えてしまった。ファッションやヘア、美術、ライフスタイルなどあらゆる面で、いろんな人がこの映画に影響されて真似していましたよね。

斎藤:それこそファッション、カルチャーのハブになるような作品が、ミニシアターから生まれていたという1本ですよね。僕は毎年、地元の仲間たちと『恋する惑星』を観る会というのをやっていまして。当時の映画体験というか、劇場体験がすべて蘇るんですね。僕もウォン・カーウァイの世界に大いに影響を受けた一人なんです。

■ 10月22日(木)夜11:15〜 『ブロードウェイと銃弾』ウディ・アレン監督

永瀬:「クリエイティビティーってなんだろう」というところが、一つのテーマだと思うんです。そういうところをシニカルに描いているというか。翻弄されていくクリエィティビティの奥深さというか、ダークな部分が根底にありつつも、それをコメディで柔らかく描き、かつ問題提起をしている。その一連の流れがすばらしいなと思いますね。

斎藤:クリント・イーストウッドとかもそうですが、ウディ・アレンも年を重ねるにつれ、何かが発酵していくというか、どんどんエネルギッシュになっていく感じがします。彼は時代とともに自分の見えている景⾊、答えを映画で提示してきた先駆者。彼の映画を観るということは、今、彼が何をどう捉えているのか、確認しに行くようなところもあります。(ザテレビジョン)