10月20日に放送された「うたコン」(NHK総合)に、日向坂46が出演。最新曲「アザトカワイイ」と、“けやき坂46”時代の楽曲「ひらがなけやき」をテレビ初披露した。

日向坂46の出演パートでは、けやき坂46から日向坂46までの軌跡を振り返った。そしてこの日の1曲目では、1期生のみで「ひらがなけやき」を披露した。

佐々木久美は「この『ひらがなけやき』という曲は私たちがアイドルになって初めて頂いた曲で、これまでもこれからもずっと何にも代えられないとっても大切な曲なんですね。

この曲を歌うと、本当に夢に向かって一緒に走ってきた仲間とのいろいろな思い出が全部よみがえってくるんですけども、今日、私たちはあの時は夢にも思わなかったこの“夢の舞台”で、1期生の9人で歌わせていただきます。

それでは聴いてください、私たちの始まりの曲です。『ひらがなけやき』」と、曲紹介を行った。

■ おひさまもウルウル

佐々木久美がメッセージを語り掛ける間、キャプテンを見つめるメンバーもいれば、目を潤ませるメンバーの姿も見受けられた。また後半には最新楽曲「アザトカワイイ」をパフォーマンスした。

視聴者からは「泣いた」「ひらがなけやきをTVで聴けるなんて…泣きました」「キャプテンもかとしも影ちゃんも泣きそう」「かとしの目が潤んでたのがグッときた」「ひらがなけやきの衣装エモい」「おいおい最高やろひらがなけやき」「生演奏最高」「日向坂さんは全員優勝」など、感動のコメントが多数寄せられていた。

次週、10月27日(火)の「うたコン」は、「第20回わが心の大阪メロディー」のため放送休止。(ザテレビジョン)